ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

最新ドイツ語戯曲をリーディング、戯曲賞についてのディスカッションも

87

「ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ」が、7月25日から29日まで東京のゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センターで開催される。

「ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ」は、現代社会を写し取った最新のドイツ語演劇を、日本人演出家と俳優によりリーディング形式で上演する企画。今回は、現在ヨーロッパが置かれた状況を反映する4作品が集められ、ルーカス・ベアフース作「フラウ シュミッツ」をshelfの矢野靖人、マリア・ミリサヴリェヴィッチ作「揺れる」をかもめマシーンの萩原雄太、ヤエル・ロネン&Exil Ensemble作「冬の旅」を雷ストレンジャーズの小山ゆうな、ミロスラヴァ・スヴォリコヴァ作「ヨーロッパへ行き着くヨーロッパ」を青年団演出部所属の櫻井美穂が手がける。

また関連企画として、ミリサヴリェヴィッチ、ロネン、スヴォリコヴァが来日しワークショップやトークを行うほか、同じく来日するドイツ・ミュルハイム演劇祭の劇作家賞選考員で批評家のクリスティーネ・ヴァールと、宮沢章夫、白水社の和久田頼男らによる「ミュルハイム演劇祭劇作家賞×岸田國士戯曲賞」と題したディスカッションも実施される。

「ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ」

2018年7月25日(水)~29日(日)
東京都 ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター

「フラウ シュミッツ」

2018年7月26日(木)、28日(土)
作:ルーカス・ベアフース
訳:松鵜功記
演出:矢野靖人
出演:川渕優子、沖渡崇史、横田雄平、森祐介、綾田將一、西井裕美、大迫健司、竹村沙恵子、神川美優

「揺れる」

2018年7月27日(金)、29日(日)
作:マリア・ミリサヴリェヴィッチ
訳:高橋文子
演出:萩原雄太
出演:清水穂奈美安藤朋子、時田光洋、諸江翔大朗

「冬の旅」

2018年7月27日(金)・28日(土)
作:ヤエル・ロネン&Exil Ensemble
訳・演出:小山ゆうな
出演:万里紗亀田佳明霜山多加志、松村良太、浅井伸治、野々山貴之、劉嘉林

「ヨーロッパへ行き着くヨーロッパ」

2018年7月28日(土)・29日(日)
作:ミロスラヴァ・スヴォリコヴァ
訳:小畑和奏
演出:櫻井美穂
出演:尾崎宇内鈴木正也、鈴木みのり、李そじん

※尾崎宇内の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー