ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

9年ぶり上演「死神の精度」のツアー詳細&新ビジュアル発表

1120

8月30日から9月9日に東京・あうるすぽっとで上演される石井光三オフィスプロデュース「死神の精度~7Days Judgement」の、ツアー詳細と新ビジュアルが発表された。

本作は、東京公演を終えたのち、9月11日に岡山・倉敷市芸文館、9月13日に愛知・青年文化センター アートピアホール、9月19日兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、9月23日に山形・シベールアリーナ、9月28日に宮城・電力ホール、9月30日に岩手・盛岡劇場 メインホールで上演される。

また東京・兵庫公演のチケットは7月8日、岡山公演は6月14日、愛知公演は6月9日、山形公演は5月19日、宮城公演は6月23日、岩手公演は7月7日に販売を開始する。

伊坂幸太郎の代表作の1つである「死神の精度」は、2009年に石井光三オフィスプロデュースにより初舞台化され、今回が9年ぶりの上演となる。脚本・演出を、初演に続き和田憲明が手がけ、主人公の死神を萩原聖人、若いチンピラ・阿久津を植田圭輔、もう1人の死神を細見大輔、死神のターゲットとなるヤクザ・藤田を初演から続投となるラサール石井が演じる。

石井光三オフィスプロデュース「死神の精度~7Days Judgement」

2018年8月30日(木)~9月9日(日)
東京都 あうるすぽっと

2018年9月11日(火)
岡山県 倉敷市芸文館

2018年9月13日(木)
愛知県 青年文化センター アートピアホール

2018年9月19日(水)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2018年9月23日(日・祝)
山形県 シベールアリーナ

2018年9月28日(金)
宮城県 電力ホール

2018年9月30日(日)
岩手県 盛岡劇場 メインホール

原作:伊坂幸太郎「死神の精度」(文春文庫刊)
脚本・演出:和田憲明
出演:萩原聖人植田圭輔細見大輔ラサール石井

ステージナタリーをフォロー