ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

和田憲明演出「死神の精度」が9年ぶり上演、出演に萩原聖人ら

921

左から萩原聖人、植田圭輔、細見大輔、ラサール石井。

左から萩原聖人、植田圭輔、細見大輔、ラサール石井。

石井光三オフィスプロデュース「死神の精度~7Days Judgement」が8月30日から9月9日に東京・あうるすぽっとで上演される。

伊坂幸太郎の代表作の1つである「死神の精度」。本作を、石井光三オフィスプロデュースでは2009年に初舞台化し、今回が9年ぶりの上演となる。

脚色・演出を手がけるのは、初演に続き和田憲明。主人公の死神を萩原聖人、若いチンピラ・阿久津を植田圭輔、もう1人の死神を細見大輔、死神のターゲットとなるヤクザ・藤田を初演から続投となるラサール石井が演じる。

チケットの前売は7月に開始予定。なお岡山、愛知、兵庫、山形、宮城、岩手でも公演あり。詳細は続報を待とう。

石井光三オフィスプロデュース「死神の精度~7Days Judgement」

2018年8月30日(木)~9月9日(日)
東京都 あうるすぽっと

作:伊坂幸太郎(文春文庫刊)
脚色・演出:和田憲明
出演:萩原聖人植田圭輔細見大輔ラサール石井

※岡山、愛知、兵庫、山形、宮城、岩手でも公演あり。

ステージナタリーをフォロー