ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」俊徳丸役は田川隼嗣に決定、主人公は内田慈

133

来年2019年2月から3月にかけ、京都、愛知、神奈川にて上演される木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」の出演者が決定した。

俊徳丸役をオーディションで射止めたのは、昨年2017年に「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」で初舞台を踏んだ、第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞受賞の田川隼嗣。そして物語の主人公・玉手御前役は内田慈が務める。このほか土居志央梨大石将弘金子岳憲伊東沙保西田夏奈子武谷公雄らが出演者に名を連ねた。

本公演は、木ノ下歌舞伎とロームシアター京都による共同制作企画“レパートリーの創造”の第2弾。第1弾「心中天の網島ー2017リクリエーション版ー」に続き、FUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介が演出を務め、監修・補綴を木ノ下裕一が担当する。

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」

2019年2月10日(日)・11日(月・祝)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

2019年2月15日(金)・16日(土)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

2019年3月14日(木)~17日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

作:菅専助、若竹笛躬
監修・補綴・上演台本:木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽:糸井幸之介
出演:内田慈田川隼嗣土居志央梨大石将弘金子岳憲伊東沙保西田夏奈子武谷公雄

ステージナタリーをフォロー