ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

菊田一夫演劇賞授賞式で城田優「笑顔、勇気、元気、やる気届けたい」

657

第43回菊田一夫演劇賞授賞式より、左から甲斐正人、原田諒、神田沙也加、戸田恵子、城田優、株式会社ホリプロの堀義貴代表取締役社長、同社の堀威夫ファウンダー最高顧問。

第43回菊田一夫演劇賞授賞式より、左から甲斐正人、原田諒、神田沙也加、戸田恵子、城田優、株式会社ホリプロの堀義貴代表取締役社長、同社の堀威夫ファウンダー最高顧問。

本日4月26日、第43回菊田一夫演劇賞の授賞式が東京・如水会館で行われ、株式会社ホリプロの堀威夫ファウンダー最高顧問、同じく堀義貴代表取締役社長、城田優戸田恵子神田沙也加、原田諒、甲斐正人が出席した。

大賞に輝いたミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」上演関係者一同からは、カンパニーを代表して堀威夫氏が登壇。演劇に関わったきっかけを「榊原郁恵がアイドルから次のステップへ展開するため主演した『ピーターパン』」と振り返る堀威夫氏は「ビリー・エリオット」の感想を、「スタッフというより観客の1人という立ち位置。1演目をトータル7回観たのは初めてでしたが、毎回感動した」と語る。続けて「私は芝居の世界とはやや距離を置く形で芸能界に入りましたが、皆さんのおかげで歴史ある賞をいただけることを恐縮に存じます。『門前の小僧習わぬ経を読む』という言葉もありますので、できるだけ数多く演劇を拝見し、遅ればせながら業界の一員としてお役に立てれば」と抱負を述べた。

続いて、演劇賞を受賞した4人が挨拶。ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」の演技で受賞した城田は「正直、頭が割と真っ白」と口火を切って会場の笑いを誘いつつ、改めて「チーチはお客様やキャスト、スタッフの皆さんと一緒に作った役ですので、この喜び、この受賞を、関わったすべての皆さんと共有したい」と謝辞を述べる。続けて城田は「演劇には順位が付けられない」と話し、ストイックに役作りに取り組む俳優をアスリートに例えながら「順位を競うというよりは支え合い、乗り越えるのが演劇のスタイル。そんな中で賞をいただいたことで、1段階上がれるというか、身の引き締まる思いを感じています」と真摯に語った。さらに城田は「カーテンコールで最高に幸せそうな皆さんの笑顔を見ると、『やってよかった、がんばってよかった』と思えた。今後もエンタテインメントの力を信じる皆さんに、笑顔、勇気、元気、やる気を届けたい」と力強く意気込んだ。

「Sing a Song」の上演関係者を1人ひとり挙げながら、感慨深げに感謝を述べるのは戸田。戦時中に皇軍慰問をしていた歌手・淡谷のり子の数年間をモチーフとした本作で戸田は、軍歌を歌うことを拒み、華美な服装が禁じられる中「ドレスや付けまつ毛、真っ赤なルージュは自分の戦闘服」と言って命懸けで歌い続けた三上あい子を演じた。役柄について戸田は「怒鳴っては歌い、わめいては歌い、泣いては歌い……大変ハードな役でした」と述べ、長丁場の公演をナーバスになりながら過ごしたと振り返る。「風邪ひとつひかず千秋楽を迎えられたことを誇りに思う」と改めて共演者やスタッフに感謝を伝えると共に、「皆さんのお陰。生意気ですが私から『おめでとう』と伝えたい。賞に恥じないよう、地道に精進してまいります」と真剣なまなざしで語った。

ミュージカル「キューティ・ブロンド」での演技で受賞した神田は「言いたいことをまとめるのが得意ではないので」と苦笑しつつ、メモを片手にマイクの前に立つ。菊田一夫演劇賞を目標とし、同年代の受賞者たちをうらやましく見てきたという彼女は「自分で選んだこの道に少しだけ自信を持ち、誇ることができる気がしています」と涙声で話した。さらにスタッフやキャスト、観客に感謝を述べ、「私にエル・ウッズ役を任せることについて、プロデューサーの皆様は勇気をもって決断してくださったと思います。また演出の上田一豪さんは『神田沙也加の代表作にしましょう』と言ってくださいました。ほかにも導いてくださった皆様のお陰で今があります。これからも長く役者でいられることを願わずにいられません」と抱負を語った。

原田は受賞が決定した際の心情を「言葉が出なかった」と明かす。脚本と演出を手がけた宝塚歌劇団のミュージカル「ベルリン、わが愛」、ミュージカル「ドクトル・ジバゴ」については「“ゆめゆめしい”宝塚の世界とは相容れないものかもしれませんが、そういった作品に挑戦できたのは宝塚の歴史と土壌があったから。宝塚をお作りになった小林一三先生は新しいことへのチャレンジを忘れない方でしたし、菊田一夫先生も宝塚に多くの名作を残されました。“小林一三イズム”や菊田先生の劇作家・演出家としてのあり方、その血脈が自分の中に流れていたとして、今回の作品につながったならそれは素晴らしいこと」と感慨を語る。さらに原田は「タカラジェンヌの皆さんはひたむきに努力することを惜しまない人たち。彼女たちの汗と涙、未熟な私を支えてくれるスタッフの先生方、共に戦い、励まし、がんばってくださる裏方の皆さんのおかげ」と宝塚歌劇団のメンバーに感謝し、「伝統とチャレンジを忘れず、ひたむきに努力を続けてまいりたい」と言葉に力を込めた。

長年の作曲および音楽活動における功績により、特別賞を受賞した甲斐は「日本の演劇世界にいきいきとした豊かな音楽を提供できたら、この世界はもっと発展するのでは、という思いで作曲を始めた」と活動の原点を明かす。また受賞に際して、「共に1つの作品を作り上げるため、努力してくださるピアニストの皆様、歌手の技術向上と精神的ケアに取り組む歌唱指導の皆様、1回1回の公演を、最上の音楽をもって提供しようとしてくださるオーケストラの皆様、それらの音楽を細心の注意を払ってお客様に届ける音響スタッフの皆様。すべての音楽の仲間と共に賞をいただきたい」とコメント。最後に「さらに新しい音楽作りに挑戦しつつ、後輩の育成に力を注いでいけたら」と今後の展望を語り、授賞式を締めくくった。

第43回菊田一夫演劇賞

菊田一夫演劇大賞

「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」上演関係者一同(ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」の高い舞台成果に対して)

菊田一夫演劇賞

城田優(ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」におけるチーチ役の演技に対して)
戸田恵子(「Sing a Song」における三上あい子役の演技に対して)
神田沙也加(ミュージカル「キューティ・ブロンド」におけるエル・ウッズ役の演技に対して)
原田諒(ミュージカル「ベルリン、わが愛」、ミュージカル「ドクトル・ジバゴ」脚本・演出の成果に対して)

菊田一夫演劇賞特別賞

甲斐正人(永年の作曲及び音楽活動における功績に対して)

ステージナタリーをフォロー