「演劇計画II-戯曲創作-」松原俊太郎と山本健介の戯曲第1稿が公開

38

「演劇計画II-戯曲創作-『S/F ―到来しない未来』」アーカイブウェブサイトにて、松原俊太郎山本健介が執筆中の新作戯曲が本日11月1日正午に公開された。

「演劇計画II-戯曲創作-『S/F ―到来しない未来』」アーカイブウェブサイト開設告知ビジュアル

「演劇計画II-戯曲創作-『S/F ―到来しない未来』」アーカイブウェブサイト開設告知ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

演劇計画IIロゴ

演劇計画IIロゴ[拡大]

「演劇計画」は、京都芸術センターの企画により、2004年のスタート以来、若手の演出家や劇作家が3カ年かけて創作を行っているプロジェクト。2013年から2015年度は烏丸ストロークロックの柳沼昭徳と悪い芝居の山崎彬が「二幕の悲劇」というテーマのもと、戯曲創作に取り組んだ。2016年から2018年度は「S/F -到来しない未来」をテーマに、処女戯曲「みちゆき」で第15回AAF戯曲賞大賞を受賞した作家の松原俊太郎と、The end of company ジエン社主宰の山本健介が参加している。

そのプロジェクトで執筆中の新作戯曲、松原俊太郎「カオラマ」と山本健介「私たちとは別の五億円世界」の第1稿が、本日公開された。公開された戯曲の第1稿は、オープンソースライセンスの下、一定条件下で自由な使用や上演、二次創作を許諾される。詳細は公式サイトで確認を。

なお11月3日には、「KAC S/F Lab.オープンラボ」を開催。哲学者の入不二基義がゲスト出演し、入不二の最新論文「現実性と潜在性」のレクチャーと、戯曲第1稿をもとにしたディスカッションが行われる。

※初出時、本文の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全4件)

演劇計画II-戯曲創作-「S/F-到来しない未来」KAC S/F Lab. オープンラボvol.3「現実と時間」

2017年11月3日(金・祝日)14:00~18:00
京都府 京都芸術センター ミーティングルーム2

登壇者:入不二基義、松原俊太郎山本健介

全文を表示

関連記事

山本健介のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山本健介 / 松原俊太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします