ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

川平慈英、この「ビッグ・フィッシュ」を逃すまいと主演舞台に意気込み

754

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」フォトセッションの様子。左から白井晃、藤井隆、赤根那奈、浦井健治、川平慈英、霧矢大夢、鈴木福、ROLLY。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」フォトセッションの様子。左から白井晃、藤井隆、赤根那奈、浦井健治、川平慈英、霧矢大夢、鈴木福、ROLLY。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」の製作発表が本日11月1日に都内で行われ、キャストの川平慈英浦井健治霧矢大夢赤根那奈藤井隆鈴木福ROLLYと、演出を手がける白井晃が登壇した。

「ビッグ・フィッシュ」は、ティム・バートン監督による映画をもとに、演出・振付をスーザン・ストローマン、音楽・詞をミュージカル「アダムス・ファミリー」のアンドリュー・リッパが手がけたミュージカル。2013年にシカゴで初演、その後ブロードウェイでも上演され、このほど日本に初上陸。自らの体験談を巧みに語って聞き手を魅了する父エドワードと、いつしかその話を素直に聞けなくなってしまった息子ウィルを取り巻く人間模様が描かれる。

白井は「今回は舞台ですので、映画とは仕掛けどころが変わってくると思います。舞台では物語も父と息子の確執がさらに出ているため、人間ドラマをさらに明確に打ち出せるようにしていければ」と意気込む。さらに若きエドワードと年老いたエドワード、2役を演じる役者については「演じられるのは誰なんだ……日本人には難しいのでは?」と自問自答し、突然閃いた川平を東宝にリクエストしたと起用のエピソードを明かした。

そんな川平は「ふだん『ムムッ?』『いいんです!』と言っているような人間が、このノーブルな日生劇場に立てる日が来るとは……オファーは最初ドッキリかと思いました」と話し、記者たちの笑いを誘う。「でも映画とブロードウェイ版を観たら、なんてファンタスティックな作品なんだと感激しまして。この大きな魚は逃すまい!とオファーをお受けしました」と作品タイトルに絡めて熱く語る。

父との確執を深めていくウィル役の浦井は、ティム・バートン作品の中で異色と呼ばれる本作が最も好きだと述べ、その理由を「僕演じるウィルが最後に、父がなぜこんなことをしていたのかを悟る瞬間があるんです。その気持ちがダイレクトに伝わってきて、必ずと言っていいほどホロリとしてしまいます」と紹介する。

エドワードの妻でウィルの母であるサンドラ役の霧矢も映画版のファン。「DVDを購入して大切に観ているくらい大好きな作品です。しかもサンドラという、素晴らしい女性の役を演じられるのが楽しみで。早く稽古が始まらないかなと今からワクワクしています」と笑顔を見せる。一方で、同じ宝塚歌劇団の月組で相手役を務めたこともある赤根に対しては「まさか嫁姑の関係で再会するとは思いませんでした。いじめようかな(笑)」とひと言。打ち解けた様子を見せていた。

霧矢の発言を「楽しみにしています」と笑顔でかわした赤根は、ウィルを支える妻ジョセフィーン役。壇上のキャストを眺めながら「とても個性の“濃い”方ばかりですので、すごい化学反応が起こるのではないかと期待でいっぱいです。自分も負けないようにがんばりたいと思います」と意気込む。

エドワードの幼なじみ、ドン・プライス役の藤井は、「私は吉本興業に所属しておりますが、この舞台を機に東宝芸能さんにお世話になるくらいの気持ちで、出演者、スタッフの皆さんに失礼のないように取り組みます!」と宣誓し、会見場を和ませる。さらに「ミュージカルを愛する共演者のみなさんの邪魔をしないよう、いろんなことを勉強しながら楽しんで参ります」と語った。

浦井演じるウィルの子供時代を演じる鈴木は、舞台初挑戦。「ドラマと違ってやり直しがきかないのでとても緊張しますが、ちゃんと覚えてがんばります」と答えた鈴木に、浦井は「自分より大人なんじゃないかと思うくらい落ち着いている」とひと言。隣席のROLLYは「彼、石原裕次郎的な貫禄がありますよね。『ボス!』って呼ぼうかな」と語りかけると、鈴木は「やめてください!」とはにかんだ。

そのROLLYは、エドワードとサンドラが出会うきっかけとなったサーカス団の団長エイモス役。ティム・バートンのプライベートパーティーに潜入し、「ビッグ・フィッシュ」への思いを監督に直接伝えたエピソードを披露したあと、「この舞台が大成功し、私のプロフィールに日本版参加が刻まれたことを誇りに思えるよう精進を重ねます」と意気込んだ。

最後に座長としての挨拶を求められた川平はスポーツキャスターさながら、「毎ステージ、絶対負けられない戦いがそこにはあるんです」「日生劇場というピッチの上で素晴らしいゴールを決めて、大勝利を収められたら」とサッカーを連想させるコメントを連発。そして「皆さんぜひ、日生劇場に来ちゃっていいんです!」と結び、会見を締めくくった。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」の上演は、2017年2月7日から28日まで東京・日生劇場にて。チケットは11月26日に発売される。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」

2017年2月7日(火)~28日(火)
東京都 日生劇場

脚本:ジョン・オーガスト
音楽・詞:アンドリュー・リッパ
演出:白井晃

キャスト

エドワード・ブルーム:川平慈英
ウィル・ブルーム:浦井健治
サンドラ・ブルーム(エドワードの妻):霧矢大夢
ジョセフィーン・ブルーム(ウィルの妻):赤根那奈
ドン・プライス:藤井隆
魔女:JKim
カール:深水元基
ヤング・ウィル:鈴木福、りょうた ※Wキャスト
ジェニー・ヒル:鈴木蘭々
エイモス:ROLLY
ほか

ステージナタリーをフォロー