KERA×古田「ヒトラー、最後の20000年」開幕、古田新太「今までで最凶」

353

「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」が、昨日7月24日に東京・本多劇場にて開幕した。

cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」より。(撮影:引地信彦)

cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」より。(撮影:引地信彦)

大きなサイズで見る(全5件)

cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」より。左から古田新太演じるアラータ、犬山イヌコ演じるアルジャーノン。(撮影:引地信彦)

cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」より。左から古田新太演じるアラータ、犬山イヌコ演じるアルジャーノン。(撮影:引地信彦)[拡大]

本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが作・演出、古田新太が座長を務め、“デタラメ”をキーワードに、ブラックな要素を交えた強烈なコメディを世に送り出してきた「KERA×古田企画」の第3弾。今回は2011年上演の前作「奥様お尻をどうぞ」に登場した古田演じるアラータ、犬山イヌコ演じる助手のアルジャーノンの2人が起こす騒動が描かれる。

cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」より。左から賀来賢人演じるガブリエル、成海璃子演じるアンネ。(撮影:引地信彦)

cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」より。左から賀来賢人演じるガブリエル、成海璃子演じるアンネ。(撮影:引地信彦)[拡大]

公演にはシリーズ過去2作に出演したレギュラー陣に加えて、成海璃子賀来賢人が参加。成海はアラータとアルジャーノンが出会う少女・アンネに扮し、ナンセンスなセリフを繰り出していく。劇団☆新感線「五右衛門vs轟天」で古田と共演し、これまでコメディ作品で鮮烈な印象を残してきた賀来が演じるのは、アンネに恋する青年・ガブリエル。その身に次々と降り掛かるあり得ない設定を生き生きと演じている。

古田新太は開幕に際し、「今までの作品の中で最凶の作品に仕上がりました。がっかりしに、是非見に来て下さい」と語った。なお本作の前売りチケットは完売しているが、当日券は各公演用意される予定だ。

この記事の画像(全5件)

cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」

2016年7月24日(日)~8月21日(日)
東京都 本多劇場 

2016年8月27日(土)・28日(日) 
福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

2016年9月1日(木)~4日(日) 
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2016年9月10日(土)・11日(日) 
新潟県 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:古田新太成海璃子賀来賢人大倉孝二入江雅人八十田勇一犬山イヌコ山西惇

全文を表示

関連記事

ケラリーノ・サンドロヴィッチのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ / 古田新太 / 成海璃子 / 賀来賢人 / 大倉孝二 / 入江雅人 / 八十田勇一 / 犬山イヌコ / 山西惇 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします