ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「わたしは真悟」小関裕太がイギリス人青年・ロビン役、しずか役は大原櫻子

563

高畑充希門脇麦がW主演を務めるミュージカル「わたしは真悟」の、追加キャストが発表された。

新たに出演が発表されたのは小関裕太大原櫻子。小関は高畑演じる少女・真鈴(マリン)に恋をするイギリス人の青年・ロビンを、大原は門脇演じる少年・悟(サトル)のことが大好きな8歳の女の子・しずかを演じる。

上演に際し小関は「漫画に描かれるあの独特の表情たちを広い劇場でどうカタチにしていくのか楽しみでドキドキしています」、大原は「芝居、音楽、全てにおいてまだ未知ですが、楽しみでしかありません!頑張ります!」と意気込みを語っている。

ミュージカル「わたしは真悟」は、楳図かずおが1980年代に発表した同名のSF長編マンガが原作。少女・真鈴(マリン)と、少年・悟(サトル)の一途な愛を描いた物語で、自我を宿したロボット・真悟役を成河が演じる。脚本は谷賢一が担当し、演出・振付はフランスのダンサー・振付家であるフィリップ・ドゥクフレが手がける。音楽にはトクマルシューゴと阿部海太郎が名を連ねているほか、白井晃が演出協力として参加。12月上旬の神奈川・KAAT神奈川芸術劇場公演を皮切りに、静岡、富山、京都、東京で上演される。

小関裕太コメント

わお、あの!! グワシ!? 予想をしていなかった楳図さん原作作品への出演。
嬉しい! 漫画に描かれるあの独特の表情たちを広い劇場でどうカタチにしていくのか楽しみでドキドキしています。

大原櫻子コメント

楳図かずおさんの作品が、ミュージカルになるというお話を受けたとき胸が高鳴りました。愛とは何か、意識とは何かを考えさせられる原作です。
フィリップ・ドゥクフレさんによる演出も今から楽しみです。
主演の高畑充希さん、門脇麦さんとは初めて共演させていただきます。
男の子の役が門脇さんとお聞きしたとき、正直驚きましたが、私自身、8歳の女の子(しずか)の役に挑戦します。
芝居、音楽、全てにおいてまだ未知ですが、楽しみでしかありません!
頑張ります!

ミュージカル「わたしは真悟」

2016年12月上旬 ※プレビュー公演
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場

2016年12月中旬~下旬
静岡、富山、京都を予定

2017年1月
東京都 新国立劇場 中劇場

原作:楳図かずお(「わたしは真悟」小学館刊)
脚本:谷賢一
演出・振付:フィリップ・ドゥクフレ
音楽:トクマルシューゴ / 阿部海太郎
演出協力:白井晃

キャスト

山本真鈴:高畑充希
近藤悟:門脇麦
ロビン:小関裕太
しずか:大原櫻子
真悟:成河

ステージナタリーをフォロー