音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48板野友美「未来で待ってる」卒業セレモニーで約束

237

AKB48が5大ドームツアー「AKB48 2013年真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~」の東京・東京ドーム公演の4日目を、昨日8月25日に開催した。

7月から8月にかけて全国5カ所を巡り、10公演を行ってきたグループ初のドームツアーもついに最終日。またこの日はグループを卒業する板野友美の卒業セレモニーが行われるため、別れを惜しむ多くのファンが会場に駆け付けた。開演前、恒例の影アナ(開演前のアナウンス)は板野が担当。板野は「8年間、AKB48をやってきましたが影アナだけは全然うまくなりませんでした(笑)」と語り笑いを誘うと、続けて「8年間の思いをすべて吐き出せるように盛り上がっていきたいと思います」とこれから始まる公演への意気込みを語った。

オープニングでは花道の下から板野が飛び出しファンを驚かせると、そのままソロデビュー曲「Dear J」を歌唱。また板野は「フライングゲット」のセンターポジションも務め上げ、序盤から卒業セレモニーへ向けて気合いの入ったパフォーマンスを見せた。

最初のMCでは「今回の5大ドームツアーで一番思い出に残っていること」というテーマでトークが展開。板野は自身が初めて他アーティストのライブを観に行った大阪・京セラドームでの公演が一番思い出に残っているとコメント。また今回のツアーを通して仲良くなった後輩について尋ねられると、板野は「SKE48の東李苑ちゃんから手紙をもらいました。昔、北海道の握手会に来たことがあったみたいで私が『かわいいからAKBになれるよ』って言ったみたいなんです。その言葉をきかっけに目指してくれたと書いてありました」と東との秘話を語りメンバーとファンを驚かせた。さらに後輩から板野への質問コーナーでは、板野に憧れる相笠萌が「一緒に『Dear J』の振りをやってください」と懇願。板野はその願いを聞き入れ相笠と「Dear J」の振りを行うと、うれしがる相笠に向かって「私の後継者になってください」と笑顔で語りかけ、相笠をさらに喜ばせた。

公演中盤では板野自らもアイデアを出したというユニット曲コーナーに突入。板野は「Faint」「愛しさのdefense」「ガラスのI LOVE YOU」「ツンデレ!」「制服レジスタンス」をセンターポジションで連続で披露し、最後はソロ曲「1%」をクールに歌い上げてAKB48の中でのその存在の大きさを見せつけた。また「夕陽を見ているか?」では板野を含む1期生の高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみの4名が登場。高橋は涙を流しながら「最後の思い出を作りたいと思います」とコメントし、気持ちを込めて同曲を歌い上げると会場からは温かい拍手が贈られた。

公演本編が終了すると、会場からは割れんばかりの“ともちんコール”が沸き起こり、アンコールへと突入。巨大モニターに「ここにいたこと」と題された板野の過去の映像が流れ始める。そしてピンクのドレスを身にまとった板野が涙を流しながらステージに登場すると、卒業セレモニーが始まった。

板野はまず卒業のあいさつとして「AKB48に入って8年が経ちました。まさかあの頃、このドームに立てるとは考えてもいなかったです。14歳の頃の私はよく泣いてました。でも、ちっぽけな私でも一歩一歩がんばって歩けば夢に近づけるということをAKB48は教えてくれました。そしてかけがえのない仲間に出会うことができました。一緒にたくさん苦しんで、泣いて、笑ってきたメンバーと離れるのは寂しいです。でも私の夢はまだこの先もずっと続いていきます。これからはAKB48が教えてくれたことを胸に一歩を踏み出していきたいです」とファンに向けてコメント。最後は感謝の気持ちを込めて「AKB48板野友美を8年間応援してくれた皆さん、ありがとうございました」と伝えると、自身の卒業ソング「最後のドア」を高橋みなみや小嶋陽菜らとともに涙を流しながら歌い上げた。その曲の最後で板野は「未来で待ってるよ」と同期や後輩たちに笑顔で約束を交わす。また「桜の花びらたち」では、客席にファンが用意したペンライトの光で「TOMO」の文字が浮かび上がり、これを見た板野は再び号泣。ステージ上でメンバー1人ひとりと抱き合い、最後は花道から退場した。

すべての楽曲が終わると、スクリーンに再び板野が映し出され「LAST SHOW」と題したダブルアンコールが展開。板野も再び登場し、ダンサー40名とともに「Dear J」を熱唱した。ここで板野から感謝の言葉が伝えられると、サプライズゲストとして卒業生の前田敦子と篠田麻里子が駆け付ける。2人の突然の登場に板野は涙を流しステージ上で2人と抱き合った。板野は前田と篠田に対して「敦子がいて、麻里子がいる中で本当は卒業したかった。だから今日はこうやって2人が駆け付けてくれて、その中で卒業できて幸せです」と感謝の気持ちを伝え、最後はファンに向けて「本当に本当にありがとうございました」と深々と頭を下げ、ステージから退場した。

板野の退場後、高橋から「今、板野友美はAKB48としての最後の扉を開けました。私たちもいつか来るであろう最後のドアを開けるまで歩き続けていきます。これからも48グループへの応援をよろしくお願いします」と決意を込めたあいさつが行われ、卒業セレモニーは幕を閉じた。

その後は日本テレビ系「24時間テレビ」の生中継で「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」を披露。AKB48グループの熱気を全国に伝えると、その勢いのまま最後はグループメンバー全員がステージ上に登場し「AKBフェスティバル」を歌い上げた。約1カ月という期間で全11公演を行ってきた初のドームツアーは、大盛況のまま幕を閉じた。

なお板野友美は8月27日に東京・AKB48劇場で行われる特別公演をもってグループを卒業する。

AKB48「AKB48 2013年真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~」
2013年8月25日(日)東京都 東京ドーム セットリスト

01. Dear J(板野友美)
02. RIVER(32ndシングル選抜+AKB48 ALL)
03. Beginner(チームA)
04. UZA(チームK)
05. 風は吹いている(チームB)
06. フライングゲット(AKB48 ALL)
07. スキ!スキ!スキップ!(HKT48選抜)
08. バンザイVenus(SKE48選抜)
09. 北川謙二(NMB48選抜)
10. 少女たちよ(ALL)
11. 美しい稲妻(SKE48選抜)
12. 僕らのユリイカ(NMB48選抜)
13. Seventeen(HKT48選抜)
14. ALIVE(チームK)
15. 彼女になれますか?(チームK)
16. シアターの女神(チームB)
17. 呼び捨てファンタジー(チームB)
18. くまのぬいぐるみ(チームA)
19. Only today(チームA)
20. 青空カフェ(AKB48グループ研究生選抜※チーム4昇格メンバー含む)
21. 鏡の中のジャンヌ・ダルク(指原莉乃・松井珠理奈・松井玲奈・山本彩・渡辺美優紀)
22. Faint(板野友美・渡辺麻友・柏木由紀)
23. 愛しさのdefense(板野友美・加藤玲奈・永尾まりや)
24. ガラスのI LOVE YOU(板野友美・高橋みなみ・島崎遥香・横山由依)
25. ツンデレ!(板野友美・小嶋陽菜・峯岸みなみ)
26. 制服レジスタンス(板野友美・大島優子・宮澤佐江)
27. 1%(板野友美)
28. LOVE修行(AKB48研究生※チーム4メンバー含む)
29. ナギイチ(NMB48)
30. オキドキ(SKE48)
31. メロンジュース(HKT48)
32. Pionner(高橋みなみ・小嶋陽菜・板野友美・峯岸みなみ)
33. 転がる石になれ(大島優子・宮澤佐江・梅田彩佳・小林香菜+4~7期生)
34. 初日(渡辺麻友・柏木由紀・片山陽加・田名部生来・多田愛佳+9~10期生)
35. 推定マーマレード(32ndシングル フューチャーガールズ)
36. 愛の意味を考えてみた(32ndシングル アンダーガールズ)
37. 今度こそエクスタシー(32ndシングル ネクストガールズ)
38. 君だけにChu!Chu!Chu!(小嶋真子・岡田奈々・西野未姫・北川綾巴・渋谷凪咲・田島芽瑠・朝長美桜)
39. 夕陽を見ているか?(高橋みなみ・小嶋陽菜・板野友美・峯岸みなみ)
40. ポニーテールとシュシュ(選抜16名)
41. 真夏のSounds good!(選抜16名)
42. Everyday、カチューシャ(選抜16名)
43. 大声ダイヤモンド(選抜16名+AKB48正規メンバーALL)
44. ギンガムチェック(選抜16名+AKB48正規メンバーALL)
45. ひこうき雲(ALL)
46. 会いたかった(ALL)
47. ヘビーローテーション(ALL)
48. さよならクロール(ALL)
<アンコール>
49. 最後のドア(板野友美・高橋みなみ・小嶋陽菜・峯岸みなみ・大島優子・宮澤佐江・柏木由紀・渡辺麻友・指原莉乃・横山由依・島崎遥香・松井珠理奈)
50. あなたがいてくれたから(板野友美・高橋みなみ・小嶋陽菜・峯岸みなみ・大島優子・宮澤佐江・柏木由紀・渡辺麻友・指原莉乃・横山由依・島崎遥香・松井珠理奈)
51. 桜の花びらたち(ALL)
<ダブルアンコール>
52. Dear J(板野友美)
53. フライングゲット(板野友美除くALL)
54. 恋するフォーチュンクッキー(板野友美除くALL)
55. ファースト・ラビット(板野友美除くALL)
56. AKBフェスティバル(板野友美除くALL)

音楽ナタリーをフォロー