喜多村英梨×小松未可子が「神ない」語る“キタこし”企画始動

120

小松未可子が3rdシングル「終わらないメロディーを歌いだしました。」を7月24日にリリース。また喜多村英梨が6thシングル「Birth」を8月7日に発表する。現在2人はこれを記念して特典のプレゼントなどの「キタこし」企画を展開中。これに伴いナタリーPower Pushでは2人の特集企画をスタートした。

左から喜多村英梨、小松未可子。

左から喜多村英梨、小松未可子。

大きなサイズで見る(全5件)

小松の「終わらないメロディーを歌いだしました。」は現在放送中のテレビアニメ「神さまのいない日曜日」のエンディング曲。一方、喜多村の「Birth」はこのアニメのオープニング曲に採用されており、両者はアニメの登場キャラクターの声優も担当している。特集第1弾となる今回は、そんな縁で結成されたキタこしコンビによる対談の前半パートを掲載。2人のなれそめと、喜多村による「終わらないメロディーを歌いだしました。」評を聞いている。

また小松のソロインタビューも実施。シングル制作時のエピソードはもちろん、表題曲のプロデューサー・ナカムラヒロシ(i-dep)との出会い、出演者でありテーマソングのボーカリストの目から見た「神さまのいない日曜日」の世界などについても語ってもらった。

なお8月上旬には特集第2弾として対談後半パートと喜多村のソロインタビューを掲載予定。更新をお楽しみに。

■喜多村英梨 × 小松未可子 コメント

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

喜多村英梨のほかの記事

リンク

関連商品