音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

WHITE ASHツアーファイナル大盛況!ドラえもんも応援

360

WHITE ASHが11月21日、東京・LIQUIDROOM ebisuにてライブツアー「Skip Under NIght, Elsie!」の最終公演を行った。

定刻を回ると、突如アニメ「ドラえもん」の声優を務める水田わさびによる開演前のアナウンスが場内に響きわたる。ドラえもんが話す「WHITE ASHのツアーファイナルへようこそー!」というスペシャルな前説にオーディエンスは早くも大興奮。「みんな準備はいいですかー? じゃあのび太くん、がんばってねー!」という元気のいい挨拶に導かれて登場したメンバーは、彩(B)の野太いベースを口火に「Mosquito」からライブをスタートさせた。続く「Jails」で会場のボルテージは早くも沸点に達し、クラウドサーファーが続出。のび太(Vo, G)はジャキジャキとした鋭利なギターをかき鳴らしながらオーディエンスを煽っていく。

最新アルバム「Quit or Quiet」の楽曲が連投されたあとは、観客が一斉にジャンプした「New Wave Surf Rider」、めまぐるしく展開する「Thunderous」といったアッパーチューンがさらにライブの勢いを加速させる。その後「B.B.」でねっとりと重いグルーヴが生み出されたかと思えば、続く「Elsie Cries Quietly」では場内が一瞬にして不穏なムードに包まれ、バンドの持つディープな世界観がフロアに刻みつけられた。

MCでは山さん(G)と剛(Dr)が本番前に恵比寿ガーデンプレイスを散策し、コンビニでヱビスビールを買ったという話題に。そんなゆるい雰囲気を「There Changed Me Special」の和やかなサウンドが彩ると、続けて彼らは新作の曲順どおりに「Giant Skips」を演奏し観客を沸かせた。

ライブ後半は攻撃的なロックナンバー「Paranoia」から幕を開けた。のび太はハンドマイクでステージを動き回りながら踊り、演奏隊はタイトかつ骨太なプレイでオーディエンスをアジテートしていく。そのまま彼らはラストスパートをかけるように「Ray」「Stranger」といったキラーチューンを畳み掛け、フロアを熱狂の渦に巻き込んだ。そして本編最後に届けられたのは、「みんなにとって大切なバンドであり続けたいです」というのび太の言葉から始まった「Last Scene Of My Favourite Film」。優しくも切ないメロディとシンプルな演奏が会場を穏やかな空気で満たし、先程までの熱気を落ち着かせた。

アンコールで4人は、哀愁ただようギターが爆音へと変貌する新曲「Casablanca」、分厚いバンドアンサンブルが印象的な「And Gypsy」の2曲を披露。彼らは満員の観客の拍手を浴びながら、充実した笑顔を浮かべてステージをあとにした。

なおこの日のライブの模様を収録したDVDが、来年2月14日に発売されるWHITE ASHのシングル「Would You Be My Valentine?」に付属する。ライブに参加できなかったファンは楽しみにしておこう。

WHITE ASH「Skip Under NIght, Elsie!」2012年11月21日セットリスト

01. Mosquito
02. Jails
03. Kiddie
04. Flashback
05. Deadmans On The Dancefloor
06. New Wave Surf Rider
07. Ugly Marguerite
08. Thunderous
09. B.B.
10. Elsie Cries Quietly
11. Orchid
12. There Changed Me Special
13. Giant Skips
14. Paranoia
15. Ray
16. Stranger
17. Last Scene Of My Favourite Film
<アンコール>
18. Casablanca
19. And Gypsy

音楽ナタリーをフォロー