音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

ディーパーズがアニメ「輪るピングドラム」に4年ぶりの新曲

172

本日7月7日(木)よりMBSほかで放送されるアニメ「輪るピングドラム」のエンディングテーマが、COALTAR OF THE DEEPERSの新曲「DEAR FUTURE」に決定した。

このアニメの主人公は体が弱く入院がちな妹と双子の兄の、子供たち3人で幸せに暮らす高倉家。彼らは久々に3人で水族館へ出かけるが、兄たちが目を放した隙に妹を見失い、しばらくして人垣の中で倒れている妹が発見される。搬送先の病院で妹が亡くなり、双子の兄が悲嘆にくれていたところで突然、水族館で買ったペンギンの帽子をかぶった妹が起き上がる。かわいらしいキャラクターとは裏腹に、先の読めないストーリーと謎が謎を呼ぶ展開は話数が進むに従って深みを増していく。

監督は「少女革命ウテナ」などを手がけた幾原邦彦で、本作は彼にとっておよそ12年ぶりとなるオリジナルアニメ。「おとめ妖怪 ざくろ」などで知られるマンガ家の星野リリィがキャラクターデザインを担当し、「ドラえもん」のジャイアン役・木村昴や、木村良平、荒川美穂、三宅麻理恵、石田彰、能登麻美子、堀江由衣らが声優を務める。オープニングテーマはやくしまるえつこメトロオーケストラの「ノルニル」。

エンディングテーマを担当するCOALTAR OF THE DEEPERSは、今年約3年ぶりに活動を再開し現在精力的にライブ活動を展開中。彼らにとって新曲リリースは、ボックスセット「COALTAR OF THE DEEPERS EP BOX SET 1991~2007」に封入された「BEAR EP」以来約4年ぶりとなる。近年は中心人物のNARASAKIがさまざまなアニメで音楽を制作してきたが、COALTAR OF THE DEEPERS名義で制作されたアニメ主題歌がどのような楽曲に仕上がっているのか期待が高まるところだ。ひとまずアニメの第1回放送を楽しみにしておこう。

※記事初出時、楽曲タイトルに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー