akugiの“悪戯プレイ”にコドメンのレーベルメイト集結、計14人による豪華コラボ

1

138

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 30 107
  • 1 シェア

akugiが7月2日に東京・clubasiaにて初の単独公演「1st Mini Album "Playplay" Release Party~悪戯プレイ~」を開催した。

marikoyu(akugi)

marikoyu(akugi)

大きなサイズで見る(全19件)

まるあうま(akugi)

まるあうま(akugi)[拡大]

akugiはボーカリストのmarikoyu(KAQRIYOTERRORの心鞠游)、ダンサーのまるあうま(星歴13夜の天まうる)、nainotokanon(TOKYOてふてふの十叶のんの)の3人からなるユニット。この日のライブは1stミニアルバム「Playplay」の発売を記念して行われたもので、収録曲に参加したゲストボーカリストのみならず、未発表曲に参加するゲストを含め10人以上のゲストを交えながら、豪華なコラボライブが繰り広げられた。

nainotokanon(akugi)

nainotokanon(akugi)[拡大]

左からもとちか襲(ぜんぶ君のせいだ。)、如月愛海(ぜんぶ君のせいだ。)。

左からもとちか襲(ぜんぶ君のせいだ。)、如月愛海(ぜんぶ君のせいだ。)。[拡大]

会場内を赤色灯が照らすとサイレンのようなSEが鳴り、akugiの3人とヤマコマロ(KAQRIYOTERROR)が颯爽とステージに登場。彼女たちはakugiのデビュー曲でもある「r u serious?」で勢いよくライブをスタートさせた。KAQRIYOTERRORで活動を共にするmarikoyuとマロが息の合った掛け合いを繰り広げれば、ダンサー2人はタオルを回して会場内のオーディエンスを扇動した。2曲目「CC」の演奏が始まるとマロがステージを去り、akugiの3人のみがステージに残る。marikoyuはダンサー2人とフォーメーションダンスを繰り広げ、まるあうまとnainotokanonはヘッドセットを着けてボーカルに参加。akugiの3人はそれぞれが所属するグループでは見せない表情の歌とダンスでオーディエンスを惹きつけた。CD未収録の新曲「BNZK」の演奏が始まると、ステージ上にはストリートスタイルのファッションに身を包んだ如月愛海(ぜんぶ君のせいだ。)ともとちか襲(ぜんぶ君のせいだ。)が乱入。如月は「楽しんでいけや!」とフロアのオーディエンスに檄を飛ばしながら、まくしたてるようなラップでフロアを揺らした。如月がステージからはけると、残った4人で「addict」をパフォーマンス。襲はダンサー2人にも引けを取らないキレのあるダンスでakugiのパフォーマンスに参加しながら、持ち前の歌唱力で英語詞の「addict」を歌い上げ、オーディエンスを圧倒した。

左からnainotokanon(akugi)、个喆(ぜんぶ君のせいだ。)。

左からnainotokanon(akugi)、个喆(ぜんぶ君のせいだ。)。[拡大]

左からメイユイメイ(ぜんぶ君のせいだ。)、marikoyu(akugi)。

左からメイユイメイ(ぜんぶ君のせいだ。)、marikoyu(akugi)。[拡大]

ライブ中盤にはモノトーンのワンピースに身を包んだ个喆(ぜんぶ君のせいだ。)が、「ナイトウォッチ」でmarikoyuとデュエット。个喆はぜん君。でのライブでは見せないような表情と大人びた歌声でこの曲を彩った。「origin」の歌唱には、今年1月のゆくえしれずつれづれの解散ライブ以来ステージに立っていなかった、たかりたからが参加。たかりが鋭い視線でステージ後方を見つめながら力強い歌声を響かせると、その歌声に呼び込まれるように現れた如月がポエトリーリーディングを始める。グループの垣根を超えたコラボの連発にオーディエンスは驚きながらも拍手を贈り、彼女たちのパフォーマンスを讃えた。甘福氐喑(ぜんぶ君のせいだ。)がチャーミングな笑顔と共に楽曲を届けた「WEEKEND」、普段のライブとは異なる髪型でライブに臨んだセツナウイネ(TOKYOてふてふ)を前面に押し出した「with u」を経てライブは終盤に。「Over Drive Days」ではとのなめらが挑発的な振り付けでオーディエンスを揺さぶる中、楪おうひ(TOKYOてふてふ)がエモーショナルな歌声を響かせる。メイユイメイ(ぜんぶ君のせいだ。)は自身が参加する「period」でウィスパーボイスからスクリームまで幅広い表現で楽曲のコントラストを表現。ミュージックビデオで描かれていた2人の危うい関係性を再現するようにmarikoyuとメイユイメイの2人は顔を近づけて口付けを交わし、オーディエンスを驚かせた。

akugi「1st Mini Album "Playplay" Release Party~悪戯プレイ~」の様子。

akugi「1st Mini Album "Playplay" Release Party~悪戯プレイ~」の様子。[拡大]

この日最後に披露されたのは色とわ(星歴13夜)が参加した「デイドリームスピーカー」。星歴のライブとは異なるメイク、異なる衣装でステージに現れたとわがクリアな歌声を会場内に響かせると、marikoyuは独白にも似たポエトリーリーディングを重ね、会場内は不思議な浮遊感に包まれた。計11曲が披露されたところで、この日の出演者14人がステージ上に集結。彼女たちは声を合わせて集まったオーディエンスに感謝の言葉を贈り、この日のライブの幕を閉じた。

この記事の画像(全19件)

akugi「1st Mini Album "Playplay" Release Party~悪戯プレイ~」2021年7月2日 clubasia セットリスト

01. r u serious? feat. ヤマコマロ
02. CC
03. BNZK feat. 如月愛海、もとちか襲
04. addict feat. もとちか襲
05. ナイトウォッチ 个喆 with akugi
06. origin feat. 如月愛海、たかりたから
07. WEEKEND feat. 甘福氐喑
08. with u feat. セツナウイネ
09. Over Drive Days feat. のなめら、楪おうひ
10. period feat. メイユイメイ
11. デイドリームスピーカー feat. 色とわ

全文を表示

読者の反応

  • 1

音楽ナタリー @natalie_mu

【ライブレポート】akugiの“悪戯プレイ”にコドメンのレーベルメイト集結、計14人による豪華コラボ(写真19枚)
https://t.co/s82p3E0If7 https://t.co/LFdTYGbZ4P

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

akugiのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 akugi / KAQRIYOTERROR / 星歴13夜 / TOKYOてふてふ / ぜんぶ君のせいだ。 / ゆくえしれずつれづれ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。