株式会社TOKIOの初CMはフマキラー、国分副社長は制作に携わり城島社長は重役出勤

1806

株式会社TOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏が出演するフマキラー株式会社の新テレビCMが、本日4月2日より全国で順次オンエアされる。

株式会社TOKIOの国分太一、城島茂、松岡昌宏。

株式会社TOKIOの国分太一、城島茂、松岡昌宏。

大きなサイズで見る

昨日4月1日に株式会社TOKIOを設立し、同社の社長となった城島と副社長になった国分、松岡。心機一転の3人が登場するのは虫よけ「天使のスキンベープ」、電池式虫よけ剤「どこでもベープ未来」、ワンプッシュ式蚊取り「おすだけベープ」の新CMで、これはTOKIOが新体制となって初めてのCMとなる。

1997年のフマキラーのテレビCMへの初出演以来、長年フマキラーの顔を務めてきたTOKIOだが、25年目のCMとなる今回は国分がクリエイティブディレクターに就任。制作の指揮を執ったほか、フマキラーの会長が会議中に発した 「(製品の魅力が)なんで伝わらないんだ! 不思議でしょうがない!」という言葉をそのまま歌詞として使用したテーマソングの作曲も担当した。

CMのコンセプトや見どころについて、国分は「商品だけを見てもらうのではなく、商品を製造している方々や社員の皆さんが頑張っている姿をテーマにCMを作りたいという気持ちがあったので、『伝える』という部分はうまくいっていると思います」とコメント。大変だったことを聞かれると「すべてですね(笑)。出演するのと、裏でスタッフの皆さんと力を合わせて制作するという部分では本当に大変だったけど、すごくいい経験をさせてもらったので、これを生かしていきたいと思います」と語った。

また、松岡は国分のクリエイティブディレクターとしての仕事ぶりに「我々は楽でしたよ。どちらかと言えば(国分は)プロデューサー気質なんですよ」とコメント。城島は「やっぱり向いてるんだなあと思いました。好きなんだよね、もともと。あと、メンバーのことが分かっていてグループのことも分かっているので、本当に安心して任せることができました。自分は後から重役出勤させていただきました(笑)」と、冗談を交えながら称賛した。

そして城島は今後について「これまでグループとしてやってきましたが、新たに会社としても『TOKIO』をやっていきますので、3人で新体制となりますが、これまで以上に広く、しかし気持ちは深く、新しいことにもチャレンジしていきたいと思っています」と抱負を語った。

3つのCM動画およびテーマソングムービーは、フマキラーの特設サイトでも公開される。

TOKIOのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 TOKIO の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。