「WACK合同オーディション」合格者は3人!WAgg&候補生が合宿をやり抜いた自分に手紙を送る

2188

昨日3月27日に音楽事務所WACKによる合宿型オーディション「WACK合同オーディション2021」の最終日となる7日目が行われた。

「WACK合同オーディション2021」最終審査発表の様子。

「WACK合同オーディション2021」最終審査発表の様子。

大きなサイズで見る(全50件)

ミユキエンジェル(豆柴の大群)

ミユキエンジェル(豆柴の大群)[拡大]

YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)

YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)[拡大]

もしもしチャン

もしもしチャン[拡大]

チャントウンコー(BiS)

チャントウンコー(BiS)[拡大]

毎年恒例となっている「WACK合同オーディション」。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された3月21日から昨日27日まで行われ、その模様はニコニコ生放送にて全編にわたって生中継された。最終日はWAggメンバーの昇格、そして最終日まで残った候補生のもしもしチャン、テラタイリク・ユウカ、コーラ、コユキデーモンの4人の合否が発表される運命の日。そんな日も、いつもと同じ6時30分スタートのマラソンで始まり、月ノウサギ(WAgg)、テラシマユウカ(PARADISES)という元GANG PARADEメンバーがワンツーフィニッシュを飾り、3位以降はミユキエンジェル(豆柴の大群)、YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)、ウンコスター(WAgg)、リンリン(BiSH)、コユキデーモン、テラシマユウカ、もしもしチャン、ココ・パーティン・ココ(GO TO THE BEDS)、コーラ、チャントウンコー(BiS)と続いた。チャントウンコーは前日までの米袋5kgに対して、この日は10kgの米袋を担いで走った。しかしゴール後、彼女は「(米の量が)増えてるって気付かなかった」と息を切らしながら話していた。マラソンを終えた一同は、朝食を済ませて正午に控える審査発表の準備へ。その間にWACK所属グループの全メンバーが会場入りし、いよいよ1週間におよぶ審査の結果が発表される時間を迎えた。

WAgg

WAgg[拡大]

PARADISES

PARADISES[拡大]

GO TO THE BEDS

GO TO THE BEDS[拡大]

正午にニコニコ生放送の配信画面がWACKメンバー一同の立つステージを捉えた映像に切り替わった。合格発表を前に月ノ、テラシマ、ココ、リンリン、YU-Ki、チャントウンコー、ミユキが挨拶。そして元CARRY LOOSEのユメカ・ナウカナ?、WAggのメンバーで休養していたナアユがひさびさに公の場に姿を見せた。月ノは「1週間観てくださった皆さん本当にありがとうございました。悔しい思いもたくさんあったんですけど、WACKがより好きになった合宿でした。これからもWACKをよろしくお願いします。ジャスティス!」、テラシマは「自分がGANG PARADEでお披露目されたときの気持ち、原点を思い出しました。前を向けないこともあるオーディションだったけど、ここで吸収した経験を生かして、PARADISESをよりよくしていきたいです」、ココは「WACKのよさ、人前でパフォーマンスする楽しさ、この仕事の楽しさを候補生に伝えられたらいいなと思っていたけど自分の課題がたくさん見つかった。刺激をもらった」とそれぞれコメント。

BiSH

BiSH[拡大]

EMPiRE

EMPiRE[拡大]

リンリンは昔から渡辺に「お前はズル賢くて、それでうまくやってる」と言われ続けていたそうで、「今までいたWACKメンバーのようにできていなくて。自分の悪い部分をこの合宿でやっと実感することができた。最終日の前日で今さらって感じだったんですけど、必死にがんばることができ始めました。もっと最初からそれが出せていたら、最初に関わった候補者の子たちにいろいろできたことがたくさんあったんだろうなって思うと悔しいし情けないし、申し訳ない気持ちでいっぱい。自分のことで言うとこの合宿で悪かったところを実感できたのでよかったと思います。いつもBiSHのメンバーにすごく支えられて、頼もしい尊敬できるメンバーのみんなといられていたんだと何度も思う場面がありました。いつもみんなありがとうって、思いました」とコメントした。YU-Kiは「私はなかなかうまくできずに候補生の子たちの心を開くのがすごく難しくて、相手のことを考えて行動できてなかったんだなと痛感しました。候補者のためにできたことがまだまだあった。これからもっと自分と向き合わなきゃいけないと思ったので、合宿で感じた自分の悪いところを直してEMPiREとして前を向いて進んでいきたいと思います」と語った。

チャントウンコー(BiS)

チャントウンコー(BiS)[拡大]

豆柴の大群

豆柴の大群[拡大]

ポーズを決めるナアユ、ユメカ・ナウカナ?。

ポーズを決めるナアユ、ユメカ・ナウカナ?。[拡大]

チャントウンコーは「私はBiSで活動してきて、一番大切なのは話し合ってわかり合ってチームになることだってずっと思ってました。初めて接する人とチームになるのは大変だと思うから、この人はどう思ってるのかとかわかってからじゃないと練習しても練習にならないと思ってました」と語ってから話の話題を変え、「私は足りないところがいっぱいあるし、人の言うことを鵜呑みにしちゃう。人に厳しくなれてないこととか課題がたくさん。私はほかの全グループの方とやらせていただいて、それぞれ違う苦しみがあることを知りました」と話す。そして彼女は合宿中に「根拠のない自信が必要」と候補生に伝えたが、自身が根拠のない自信をBiSでの活動において持てていなかったことを明かす。チャントウンコーは3期BiS結成から「BiSHを超える」と言ってきたが「無理だって周りの人に言われるかもしれないけど、根拠のない自信を持っていて」と話したところで声を上げて泣き始め、「BiSHを超えます」と宣言した。ミユキは「合宿に初めて参加したんですけど、すごく不安なこととかたくさんあって、学ぶことがたくさんありました。反省点はたくさんあるんですけど、私は一緒に5日間みんなと過ごして、各グループの考えとか、豆柴の大群に足りないものに気付けました。合宿に来る前に自分のネガティブなところを封印して、WACKファンの皆さんに豆柴の大群を知ってもらうことを最低限のことと決めてました。でも候補生が落ちていっちゃうのがすごく悔しかったし、私にもまだできることがたくさんあったなって今すごく思っているので、そこはちゃんと忘れずにその気持ちを持って、豆柴の大群として成長していきたいと思いました」と述べた。さらにひさびさの表舞台への登場となるユメカが大声で挨拶し、ナアユも続いた。

月ノウサギ(WAgg)の手紙。

月ノウサギ(WAgg)の手紙。[拡大]

ウンコスター(WAgg)の手紙。

ウンコスター(WAgg)の手紙。[拡大]

テラタイリク・ユウカの手紙。

テラタイリク・ユウカの手紙。[拡大]

コユキデーモンの手紙。

コユキデーモンの手紙。[拡大]

もしもしチャンの手紙。

もしもしチャンの手紙。[拡大]

コーラの手紙。

コーラの手紙。[拡大]

現役メンバーの挨拶後、最終日まで勝ち残った候補生のテラタイリク、もしもしチャン、コーラ、コユキ、WAggのウンコスターがステージ前に並び、「6日間の合宿生活を戦ってきた自分への手紙」を順番に読み上げた。6人の手紙にはそれぞれの新たな発見や気付きがたくさん詰まっていた。月ノは自分の不甲斐なさを受け入れつつ、経験を生かして飛躍を誓い、ウンコスターはWAggからの昇格を目指すという強い意志を持って臨んだオーディションへの思いや、合宿を通してあきらめずに突き進む大切さを学んだことをつづった。テラタイリクの手紙は自分を客観的に分析した内容で、そこには「あなたははじめマラソンのとき、後ろから越されることを心配したと思います。でも今は遠くにいるWACKのメンバーを追い越そうと付いていくのに必死になっていますね。いつの間にかあきらめないで変わろうと常に目標を探しているあなたは、きっと昔のあなたより成長していると思います」「あなたはもっと変われますよね。絶対にあきらめないでください。私はもうあなたを信じることしかできません」といった言葉がつづられていた。コユキ、もしもしチャン、コーラも合宿での経験が凝縮された手紙を自分自身に向けて読み上げていった。その後、選考のために5分ほど渡辺が席を外し、戻ってきたところで結果が発表された。

もしもしチャンのGO TO THE BEDS加入発表時の様子。

もしもしチャンのGO TO THE BEDS加入発表時の様子。[拡大]

渡辺は「BiSH、該当者なし。EMPiRE、該当者なし。BiS、該当者なし。豆柴の大群、該当者なし。PARADISES、コーラ。GO TO THE BEDS、もしもしチャン。WAgg、テラタイリク。以上となります」と伝え、コーラはPARADISES、もしもしチャンはGO TO THE BEDS、テラタイリクはWAggの輪の中に加わった。ウンコスターはWAgg残留に悔し泣きし、コユキは「ありがとうございました」と一言残し、その場を離れていった。PARADISESは4月29日の東京・TSUTAYA O-WEST公演、GO TO THE BEDSは5月2日の東京・TSUTAYA O-Crest公演、WAggは5月中の公演でそれぞれ新体制のお披露目を行うことが発表された。

テラタイリク・ユウカ

テラタイリク・ユウカ[拡大]

コーラ

コーラ[拡大]

もしもしチャン

もしもしチャン[拡大]

テラタイリクは「この合宿で学んだことを全部思い出して、いろんな方から教えていただいたことを全部生かして、精一杯がんばりますので応援よろしくお願いします」、コーラは「今日までありがとうございました。私はこの合宿オーディションが最後のチャンスだと思ってきたので本当にうれしいです。PARADISESに入ってプラスの存在になれるようにがんばります。ありがとうございました」、もしもしチャンは「たくさん自信を付けて、たくさんの人を楽しませられるような人間になります。ありがとうございました、よろしくお願いします」とコメントした。渡辺は「3人には正直、合宿より大変な毎日が待っていると思います。合宿で得た自信やいろんなものを忘れずに活動してもらいたいと思います」と合格者に言葉を送り、「自分でも発見のある、素敵な合宿だったなと思います。毎年思うんですけど、いろんなことを再確認したり、がんばんなきゃいけないなと思ったり、WACKメンバーを含めていろいろ感じたと思います。ここで感じたことを、お客さんに生のライブで伝えられたらと思います。コロナ禍で音楽業界、本当に大変な状況になっています。それでもこうやって合宿を開催させてくれたスタッフの皆さん、本当に感謝しております。合宿でも伝えてきたんですけど、前を向き続けること、いろんな方法を探すこと、失敗してもまたその失敗を失敗にさせないことを大切に、これからもWACKは変化し続けて前に進んで行けたらと思います。ありがとうございました」とコメント。最後にリンリンが音頭を取り、全員で「We are WACK!」と唱和して、激動の「WACK合同オーディション2021」は締めくくられた。

ASP

ASP[拡大]

なおこの日、渡辺からWACKの新グループ・ASPのお披露目が行われた。メンバー4人は全員覆面姿で、言葉を発することはなかった。詳細は近日中に発表されるとのことだ。

この記事の画像(全50件)

「GO TO THE BEDS OVERTAKE TOUR in SHIBUYA」

2021年4月12日(月)東京都 TSUTAYA O-WEST
OPEN 18:00 / START 18:30

2021年4月18日(日)東京都 TSUTAYA O-nest
[1部]OPEN12:30 / START 13:00
[2部]OPEN15:00 / START 15:30

2021年4月23日(金)東京都 TSUTAYA O-nest
OPEN 18:00 / START 18:30

2021年5月2日(日)東京都 TSUTAYA O-Crest(もしもしチャンお披露目公演)
[1部]OPEN 12:30 / START 13:00
[2部]OPEN 15:00 / START 15:30

「PARADISES IN WONDERLAND TOUR」

2021年4月29日(木・祝)東京都 TSUTAYA O-WEST(コーラお披露目公演)
OPEN 11:30 / START 12:00 

2021年5月2日(日)大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE
[1部]OPEN 12:30 / START 13:00
[2部]OPEN 15:00 / START 15:30
[3部]OPEN 17:30 / START 18:00 

2021年5月3日(月・祝)愛知県 DAYTRIVE
[1部]OPEN 12:30 / START 13:00
[2部]OPEN 15:00 / START 15:30
[3部]OPEN 17:30 / START 18:00 

2021年5月8日(土)沖縄県 Output
[1部]OPEN 15:00 / START 15:30
[2部]OPEN 17:30 / START 18:00

2021年5月9日(日)沖縄県 Output
OPEN 12:30 / START 13:00 

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

渡辺淳之介のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺淳之介 / BiS / BiSH / EMPiRE / 豆柴の大群 / GO TO THE BEDS / PARADISES / WAgg の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。