本日発売「文藝」に尾崎世界観の短編小説、児玉雨子の中編小説やMarukidoのエッセイも

367

尾崎世界観(クリープハイプ)の短編小説「ただしみ」が本日1月7日に発売された文芸誌「文藝 2021年春季号」に掲載されている。

「文藝 2021年春季号」書影

「文藝 2021年春季号」書影

大きなサイズで見る(全2件)

文藝 2021年春季号

「文藝 2021年春季号」
Amazon.co.jp

昨年発表した中編小説「母影」が「第164回芥川賞」の候補作品に選出されている尾崎。「文藝 2021年春季号」の特集「夢のディストピア」内に掲載されている「ただしみ」は、孤独な者たちの群像劇となっている。

このほか「文藝 2021年春季号」には作詞家・児玉雨子の初中編小説「誰にも奪われたくない」や、Marukidoのエッセイ「いじめられっ子の初恋はチャHだった」、中原昌也の短編「次の政権も皆で見なかったことにした」なども掲載されている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

クリープハイプのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 クリープハイプ / Marukido / 中原昌也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。