BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表

3

225

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 29 169
  • 27 シェア

BiSが昨日12月18日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でワンマンライブ「The DANGER OF MiXiNG BiS」を開催した。

「The DANGER OF MiXiNG BiS」よりBiS。(Photo by sotobayashi kenta)

「The DANGER OF MiXiNG BiS」よりBiS。(Photo by sotobayashi kenta)

大きなサイズで見る(全7件)

チャントモンキー(Photo by sotobayashi kenta)

チャントモンキー(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

BiSが東京で有観客ワンマンライブを行うのは2月に東京・LIQUIDROOMで行った全国ツアー「“LIVE DAM Ai” presents STAND BY BiS」の最終公演以来、実に10カ月ぶりのこと。コロナ禍の影響で思うように活動ができないもどかしさを抱えた2020年のBiSだったが、10月から各地で行ってきたワンマンライブの集大成となるLINE CUBE SHIBUYAで、研究員(BiSファンの呼称)とともに過ごす今年のライブ納めが実現した。この公演の模様は国内外に有料配信され、大勢のファンが同じ時間を共有した。影ナレでWACK代表でBiSマネージャーの渡辺淳之介が「本当に今日が楽しみでした。今日やらせてもらえること、皆さんが来てくれたこと、絶対忘れません。研究員の皆さん、一緒に楽しみましょう!」と挨拶したあと、いよいよライブがスタート。ステージには西洋建築風の2階建てのセットが組まれ、タータンチェックにグリーンの差し色が入ったライダースジャケットをまとったパンキッシュなスタイルのイトー・ムセンシティ部、チャントモンキー、ネオ・トゥリーズ、トギーは2階部分の床からポップアップして1人ずつ姿を見せる。メンバーそれぞれの背景には、衣装の背中に書かれている「SEX」「FUCK」「PRETTY」「BiTCH」の文字が躍った。映像演出は山田健人(yahyel)によるもので、セットはカラフルなペイント柄のプロジェクションマッピングで彩られた。

「The DANGER OF MiXiNG BiS」よりBiS。(Photo by sotobayashi kenta)

「The DANGER OF MiXiNG BiS」よりBiS。(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

BiSは3期BiSの始まりの楽曲「STUPiD」を1曲目に届け、「待たせたな! 渋谷!」とチャントモンキーが凱旋をアピール。間奏の組体操はこれまでの会場では高さが目立つ構図だったが、2、3階席の観客は4人の組体操を見下ろす形となり、結成から1年半ほどで立ったLINE CUBE SHIBUYAの会場の大きさを感じさせた。メロディックパンクチューン「BASKET BOX」、最新音源「ANTi CONFORMiST SUPERSTAR」の収録曲「I WANT TO DiE!!!!!」などで4人は持ち前の歌唱力を発揮。伸びやかな歌声と晴れやかな表情から迫真の思いをにじませ、キレのいいダンスでライブができる喜びを爆発させた。BiSは自己紹介を挟み、「DESTROY」「DEAD or A LiME」「SURRENDER」などで激情系ロックの様式美をパフォーマンスで表現。「SURRENDER」でトギーが叫び、イトーがささやくなど、多彩な歌唱表現で研究員の気持ちをステージに引き寄せていった。

アグレッシブな楽曲で攻めたBiSは、続いてバラード「GETiNG LOST」などでエモーショナルなパフォーマンスを披露。「LOVELY LOVELY」のラストでネオのハイトーンボイスが会場に響きわたった。「新曲、持ってきました」というトギーの言葉に続いて始まったのは、初期BiSの「Hide out cut」の流れを汲む全編英語詞の楽曲「HiDE iN SEW」。研究員はペンライトを大きく振って、発声できない条件下での精一杯の声援を送った。

「第1回 BiSガチンコスクワット対決」の様子。(Photo by sotobayashi kenta)

「第1回 BiSガチンコスクワット対決」の様子。(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

「thousand crickets」でBiSがステージの2階部分に上がると、突如として「第1回 BiSガチンコスクワット対決」がスタート。セットにはメンバーそれぞれのスクワット回数を数えるカウンターが投影された。この対決ではトギーが122回スクワットを行い、優勝。特にスクワット対決の結果に言及することもなく、間髪入れずに「teacher teacher teacher」のイントロが流れ、メンバーはセットの階段を降りて定位置に戻ろうとする。スクワット直後で生まれたての子鹿のように階段を降りることに苦労していたイトー、チャントモンキー、ネオを横目に、トギーはピンピンとした様子で踊り始めた。ほかの3人もなんとかパフォーマンスを続行していたが、過酷な状況に苦しそうな表情を浮かべていた。

ライブ終盤にBiSは「FUCKiNG OUT」「テレフォン」「this is not a love song」と人気曲を連投。「今BiSを観てくれているあなたに、私たちは手を伸ばし続けます」というチャントモンキーの言葉に続いて、ラストナンバー「TOUCH ME」を歌い踊り、ステージをあとにした。

アンコールではメンバーそれぞれがコメント。まずトギーが「何も知らなかったから、なんでもできるって思ってました。だけど、何もない人間だと思い知らされるたびに、天才じゃないって実感するたびに、本当に私には何もできないのか、確かめてみたくなりました。カッコ悪くてもいいからあがいてみたくなりました。天才じゃないから、何もないから、きっと死ぬ気でがんばんなきゃ叶わないことばっかりで。研究員と一緒じゃないと、私たちはきっと何もできなくて、研究員と一緒じゃないと私たちは行きたい場所に行くこともできません。研究員と一緒じゃないと、BiSはBiSじゃないです。これから先、どんなに大きな壁が私たちの前に立ちはだかっていても、もう足止めされないです。何度でも壁をぶっ壊して、何度でも進み続けます。死ぬ気で進み続けます! 言霊とか、言葉の力って強いと言うから、言葉にします。私たちは研究員と武道館に行きたいです。これからもよろしくお願いします」と話し、拍手喝采を浴びた。続いてチャントモンキーは「最初はコロナに怒ってました。なんでライブができないんだって。でもコロナで気付けたこともあります。去年まで私たちの活動のほとんどはライブで、ライブと研究員はセットでした。でも世界が一変して、研究員がいない無観客ライブを(6月に)やりました。初めて研究員とライブが切り離されたみたいで、こんなに悔しくて虚しい気持ちは初めてでした。私たちは去年から研究員が必要と思ったり、それを伝えたりしたけど、今その意味を全身で感じました。私たちの原動力は研究員です。正直、振り付けや文章を考えることは難しいし、向いてないかなと思ってしまうこともあるんですけど、それでもライブで研究員が全力でライブを楽しんでくれている姿を思い出したら、もっと楽しんでもらいたいと思って、がんばれます。私たちが研究員に原動力をもらっているから、今はまだまだだけど、これからもらったもの以上のものを与えられるようにがんばります。今年のライブ締め、研究員と一緒にできて、幸せです。こんな気持ちをくれてありがとうございます」と語った。

ネオは「10月18日からありがたいことに有観客ライブをさせていただいて。こんな世の中の状況で、私たちが活動できていた期間よりも長い期間、研究員に会えなくて。待っていてくれた時間を取り戻せるように、私たちがいつも感謝している気持ちをライブで返したい、届けたいと思ってライブをしていました。けどライブをして実際は研究員からたくさんの熱気、笑顔、楽しいとか嬉しい気持ち、いろんなものを私たちはもらってばっかりだなって思います。私はいつもよくない未来を考えてしまったり、考えなくてもいいことを考えてしまうことが多いんですけど、そんなときに頭に浮かんでくるのは研究員の顔で。ここで負けちゃいけない、やってやるって思えた。BiSになる前なら全部投げ出していたはずなのに。私は研究員がいるからがんばれます。私は正直、優しい人間ではまったくないんですけど、研究員には優しい人間でありたいなって思います。本当にありがとうじゃ言い表せないくらい、感謝しています」とコメント。最後にイトーは「BiSとして活動して、1年半以上が経ちました。長い間が空いてしまったけど、私たちはたくさんの人たちに会うためにたくさんの場所でライブをさせていただきました。でもライブってただ歌って踊るだけじゃ全然意味がなくて。気持ちを伝える練習ができなくて、すごく苦しんだりもしたんですけど、唯一研究員のみんなと会える、このライブという場所が私にとっては一番、自分とBiSと研究員とが向き合える場所なんだって気付きました。明日が来ることが怖いって何度も何度も思ったんですけど、明日、研究員と会えるかも知れないと思って迎える夜は全然怖くなくて。みんなと会えるって考えたらすごく楽しみだって思えるようになりました。みんなの声が会場で聞こえないことは正直すごく寂しいって思ったけど、自分には聞こえてくるような気がして、怖さや不安はもうありません。今日、研究員の皆さんと過ごして、新しいBiSを作るための一歩を踏み出せたと思います。今日はこの場所に来てくれて本当にありがとうございました。また絶対、絶対会いたいです」と思いを述べた。

そしてBiSは「来年1月から、またみんなに会いにいくツアーをやります!」と新たなツアーを開催することを発表した。歓喜の拍手が沸き起こる中、アンコールで代表曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」と、「CURTAiN CALL」を2連続で披露。ネオとチャントモンキーは泣きながら、イトーとトギーは笑顔で研究員に感謝を伝えて、年内最後のライブを締めくくった。なお新規ツアーは「KiLLiNG IDOLS TOUR」と題され、1月17日の宮城・SENDAI GIGS公演から2月14日の北海道・Zepp Sapporo公演まで全国10都市で行われる。

この記事の画像(全7件)

BiS「The DANGER OF MiXiNG BiS」2020年12月18日 東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)セットリスト

01. STUPiD
02. BASKET BOX
03. I WANT TO DiE!!!!!
04. 少年の歌
05. LET'S GO どうも
06. DESTROY
07. DEAD or A LiME
08. SURRENDER
09. IT'S TOO LATE
10. GETTiNG LOST
11. LOVELY LOVELY
12. DiRTY an BEAUTY
13. HiDE iN SEW
14. KiSS MY ASS
15. イミテーションセンセーション
16. thousand crickets
17. teacher teacher teacher
18. FUCKiNG OUT
19. テレフォン
20. this is not a love song
21. TOUCH ME
<アンコール>
22. BiS-どうやらゾンビのおでまし-
23. CURTAiN CALL
24. CURTAiN CALL

「KiLLiNG IDOLS TOUR」

2021年1月17日(日)宮城県 SENDAI GIGS
2021年1月20日(水)広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA
2021年1月21日(木)高知県 高松festhalle
2021年1月23日(土)愛知県 Zepp Nagoya
2021年1月24日(日)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2021年1月27日(水)熊本県 熊本B.9 V1
2021年1月28日(木)福岡県 Zepp Fukuoka
2021年1月31日(日)神奈川県 KT Zepp Yokohama
2021年2月10日(水)神奈川県 KT Zepp Yokohama
2021年2月12日(金)東京都 Zepp Tokyo
2021年2月14日(日)北海道 Zepp Sapporo

全文を表示

読者の反応

  • 3

J_ROCKNews @J_ROCKNews

BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表 https://t.co/9XL9dYxNDi

コメントを読む(3件)

関連記事

BiSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiS / 渡辺淳之介 / yahyel の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。