元ぼくりり・たなか、源氏物語の世界をヒップホップで表現する舞台で新曲披露

383

たなか(前職:ぼくのりりっくのぼうよみ)が6月13日、14日に東京・伝承ホールで上演される舞台「令和源氏オペレッタ Re:」に出演する。

「令和源氏オペレッタ Re:」ビジュアル

「令和源氏オペレッタ Re:」ビジュアル

大きなサイズで見る

「令和源氏オペレッタ Re:」は「平安 meets HIP HOP」というコンセプトのもと「源氏物語」の世界がヒップホップの楽曲で表現される“オペレッタ”。たなかは光源氏役として出演し、公演のために書き下ろした新曲を披露する。公演にはたなかのほか、構成・演出を手がけるベリーダンサーの中村インディア、兄妹ヒップホップユニット・TAMURA KINGのメンバー・まな、女優の寺田御子らが出演。公演のチケットは2月29日12:00にチケットペイで発売される。

令和源氏オペレッタ Re:

2020年6月13日(土)東京都 伝承ホール
OPEN 18:00 / START 19:30

2020年6月14日(日)東京都 伝承ホール
[昼の部]OPEN 13:30 / START 14:00
[夜の部]OPEN 17:00 / START 18:00
<出演者>
中村インディア / たなか / 寺田御子 / まな / オナン・スペルマーメイド / 並木慶 / Exo Follies Dancers

全文を表示

ぼくのりりっくのぼうよみのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ぼくのりりっくのぼうよみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。