音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

キスマイ4人の舞台「〇〇な人の末路」開幕、玉森“全通”都市伝説も再び

2566

左から二階堂高嗣、宮田俊哉、横尾渉、千賀健永。

左から二階堂高嗣、宮田俊哉、横尾渉、千賀健永。

Kis-My-Ft2横尾渉宮田俊哉二階堂高嗣千賀健永が主演を務める舞台「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」が本日2月9日に東京・東京グローブ座で開幕。同会場でメディア向けのプレスコールおよび囲み取材が行われた。

「○○な人の末路」は鈴木信行による著書「宝くじで1億円当たった人の末路」を原案とした作品。2018年4月にドラマ化された際にも横尾、宮田、二階堂、千賀が主演を務めた。舞台版では横尾と千賀が“月Side”、宮田と二階堂が“海Side”と2組に分かれて、プロのカメラマンを目指している笑原敏幸と、兄を支えながらバイトをする弟の陽左志の物語を展開。前半は共通のストーリーだが、とある選択によって2組はそれぞれ違ったエンディングを迎える。

月Sideと海Sideは稽古を別々に行っていたため、2組は本日初めてお互いの演技を見たという。海Sideで兄の敏幸役を演じる宮田は、月Sideで同じ役を演じる横尾の演技を見て「自分が捉えてきた敏幸という役と、横尾さんが捉えた敏幸が違うんですよ。同じ脚本でも、演じる人が違うとこんなにも違うんだ」と驚いた様子。プレスコールは月Side、海Sideの順で行われたため、横尾は「だから最初にやらせてもらってよかったなと思います!」と動揺せずに演技に臨めたことに胸を撫で下ろした。

弟役に挑んだ千賀は「普段から(横尾を)お兄ちゃん的なポジションだと思っているので、僕はすぐに弟役に入れました」と語るも、同じく弟役を演じる二階堂は宮田を見て「お兄ちゃん感がゼロじゃないですか!」と笑い、「この舞台のお話をいただいてから、キスマイの宮田俊哉というより、お兄ちゃん・宮田俊哉というのを常日頃から意識しました」と語る。記者に「それでお兄ちゃんとして見れるようになりました?」と尋ねられた二階堂は「まだ見えてないです!」ときっぱりと言い切り、宮田が「今見れてなきゃやばいから!」とすかさずツッコミを入れるような、まさに兄弟らしい仲睦まじいやり取りも見られた。

「Kis-My-Ft2のメンバーは観に来てくれそうですか?」と質問されると、宮田は「玉森(裕太)が『俺は全公演行くからな!』って言ってるんですよ。『昼も夜も40公演俺は見に行くからな』って。前に舞祭組でツアーをやったときも、あいつはそう言ってたんですよね。嘘か本当かはわからないんですけど……」と明かし、横尾も「隠れて見てるのかも。都市伝説的な」と話して報道陣をざわつかせる。北山宏光と藤ヶ谷太輔についても、横尾は「北山さんは差し入れを持ってきてくれるだろうと思いますし、藤ヶ谷は、楽屋で台詞合わせをしていると『ここではやめろ! ネタバレになるだろ』と楽しみにしてくれていました」と観覧に来るのを心待ちにしている様子だった。

人生の選択が大きなテーマになっていることから、4人の人生の中での大きな選択を問われると、二階堂は「Kis-My-Ft2のデビューはもちろんですし、やっぱりこの4人で舞祭組を結成したことが大きな選択だったのかなと思います」と舞祭組への愛をのぞかせる。最後には千賀が代表して「初めて4人で舞台をやらせていただくこということで、つまずくこともあるかもしれないですが、最後までやり切りたいです。たくさんの皆さんに笑顔を届けられると思うので、ぜひ、観に来てください」と作品をアピールし、囲み取材を締めくくった。

舞台「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」

2020年2月9日(日)~3月15日(日)東京都 東京グローブ座
<出演者>
月Side:横尾渉 / 千賀健永 / 高橋ひとみ
海Side:宮田俊哉 / 二階堂高嗣 / 坂田聡
共通キャスト:真凛 / 由地慶伍 / 中村涼子 / 米千晴 / 杉本美保 / 佐野舞香

音楽ナタリーをフォロー