音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

A.B.C-Z橋本良亮が時代劇初挑戦「決算!忠臣蔵」で赤穂浪士に

1001

A.B.C-Z橋本良亮が、2019年冬に公開される映画「決算!忠臣蔵」に出演することが発表された。

「決算!忠臣蔵」は山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」を原作とする作品。大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討入り計画の実像を“予算”の側面から切り取るもので、大石内蔵助を堤真一が、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助を岡村隆史(ナインティナイン)が演じる。

今作で橋本が演じるのは赤穂浪士の武林唯七(たけばやしただしち)。早くから討入りを主張する浪士きっての過激派で、右往左往する内蔵助に決断を迫る急進派の1人として重要な役割を担う。

2013年公開の「劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-」以来2作目の映画出演にして時代劇に初めて挑む橋本は、「A.B.C-Zのセンターとしていいところを見せたいです」と意気込んで撮影に臨んだ。彼は出演にあたり「今回このような貴重な機会を頂き大変光栄です。初めての時代劇挑戦でしたが、堤さんはじめ、キャストの皆さんスタッフの皆さんに助けていただきながら、とても濃密で幸せな時間を過ごすことができました」とコメントしている。

橋本良亮(A.B.C-Z)コメント

今回このような貴重な機会を頂き大変光栄です。
初めての時代劇挑戦でしたが、堤さんはじめ、キャストの皆さんスタッフの皆さんに助けていただきながら、とても濃密で幸せな時間を過ごすことができました。
事務所の先輩である横山くんの俳優としての姿にもとても痺れました!
笑いあり涙ありの内容になっているので、是非多くの方に見てもらいたいです!

中村義洋監督 コメント

別にヤッカミじゃないんですけど、イケメンのカッコ悪い様って面白いじゃないですか。
橋本くんが演じた武林唯七は年収が170万円ほどで、
御家断絶後も浪人となり、さらに困窮しまくる役なので、
あの涼しげな橋本くんもどんどん薄汚く、余裕なく、カッコ悪くなっていくわけで……
たまらなく面白かったです!
でも本人も楽しそうでしたから、ファンの皆さん、許してください。

(c)019「決算!忠臣蔵」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー