音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

カレッジ・コスモスが3月に1stシングル発売、山木梨沙「カンガルと違った色を出したい」

494

カレッジ・コスモス

カレッジ・コスモス

カレッジ・コスモスが3月6日に1stシングル(タイトル未定)をリリースする。

「美と知性を併せ持つユニット」を目指して結成されたカレッジ・コスモスは、大学のミスコン参加者らで構成されるスペースクラフト所属のキャンパスクイーンの選抜メンバーに、カントリー・ガールズの山木梨沙を加えた総勢25人の現役女子大生グループ。シングルには「言葉の水を濾過したい」を含む3曲の表題曲が収められる予定で、本作は初回限定盤A、B、SP、通常盤の4形態で発売される。

先日、東京・八芳園で行われた晴れ着お披露目会では慶應義塾大学3年の山木と中央大学4年の松井まりがマスコミの囲み取材に応じ、シングルについてコメント。松井は「今一生懸命みんなで作っているところなので、CDを手に取るのが楽しみです。本当にドキドキです」と話したほか、「自分の声が入っているのがすごく不思議で。私は歌がうまいわけではないので、一生懸命努力をしなきゃけないと思っています」と心境を明かした。また山木は「2度目のメジャーデビューということで、自分自身まったく想定していなかった未来なんですけど、カントリー・ガールズとは違った色を出していければと思います」と意気込みを述べ、「ハロー!プロジェクトはリズム重視なのもあってアクセントを強く取ることを念頭に歌ってきたんですけど、カレッジ・コスモスはおしとやかな女子大生グループなので、くどくないようにさらっと歌う努力をしています」とカントリー・ガールズとの歌唱方法の違いについて語っていた。

このほかに2人は記者から晴れ着を着た感想を聞かれ、松井は「今年初めて寒色の晴れ着を着させていただいて。カレッジ・コスモスが始まったタイミングで新しい着物を着られて、うれしい気持ちとさわやかな気持ちです」と返答。山木は「成人式の前撮りのときにピンクの振り袖を着たんですけど、今回は赤ということでまたイメージが違う着物を着られてよかったです」と笑顔を見せた。

2019年の抱負については、昨年カレッジ・コスモスが日本の卓球リーグ・Tリーグに所属する木下マイスターズ東京と木下アビエル神奈川の公式サポーターに就任したことに触れながら松井が「音楽だけではなく、さまざまな分野で活動できたらいいなと思います」と述べ、山木は「今までハロー!プロジェクトではできなかったことをやれる年になったらいいなと思います。グループとしても、たくさんの方に知っていただけるように幅広く活動していきたいです」と決意を表明。また「今年の目標を漢字1文字で表すとしたら?」という質問には、松井が「翔」という漢字を挙げて「高く“翔”んで、皆さんに気付いてもらえるように一生懸命活動していきたいです」と答え、さらに「私の中での最終目標としてはいつか日本武道館でコンサートをできたらいいなと思います」と語る。一方の山木は「新」という漢字を挙げ、その理由を「心を新たに、新しいフィールドでがんばりたいので」と説明。「カントリー・ガールズでも達成できていない日本武道館、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナで余裕でライブをできちゃうくらい大きなグループに育っていけたらと思います」と目標を掲げた。

山木梨沙 コメント

着物を着ると成人式の前撮りを思い出してしまいますね。懐かしむほど昔でもないんですけど(笑)。でも懐かしいなと感じてしまいました。2018年は「カレッジ・コスモス」に加入して新たな一歩を踏み出せたかなと思います。この前、占いをしてもらったんですけど、2019年は勝負の年だと言われました。まだ具体的に何が勝負なのかは見当がついていないですけど、頑張っていきたいと思います。

松井まり コメント

今年は髪型やメイクも大人っぽくしていただきました。わたしも「カレッジ・コスモス」では4年生で、年上なので。少しは大人っぽいイメージを求められているのかなと思いました。グループとしてはとにかく「カレッジ・コスモス」という名前を知ってもらうことが今の一番の目標です。舞台でもテレビでも、メンバーそれぞれのスキルを上げて。いろんな分野で活動できるようにみんなで協力して頑張っていきたいと思います。

菅真鈴 コメント

淡い緑色の着物は初めて着たので、すごく大人になったような気がします。2018年の10月3日には「カレッジ・コスモス」がお披露目されて。自分の夢がかなった年となりました。2019年はCDデビューをするので、飛躍の年になればいいなと思います。わたしも大学4年生で、学生生活最後の年になるので、学生ライフを楽しみながら、「カレッジ・コスモス」の活動も頑張りたいと思います。

新家利奈 コメント

成人式の時は、姉のお下がりを着たんですけど、今回はお花がいっぱい付いているかわいい着物を着ることができて新鮮でした。わたしはアイドルになることが小学校の頃からの夢だったんです。アイドルは大変なところもあるけど、やりたいことをやれることは幸せだなとすごく感じています。歌もダンスも褒めてもらえるようなアイドルになりたいなと思っています。

郡司奈桜 コメント

すごく古典的で、すてきな着物を着ることができてうれしかったです。昨年は飛躍の年というか、芸能界で働いていくんだという自覚を持てて。自分の中でも変わった年でした。女子大生のアイドルということで、学校生活との両立をしっかりやりたいです。ちゃんとアイドル活動もしつつ、大学もしっかりと通ってやっていけたらと思っています。これからもいろんなジャンルのお仕事にチャレンジしていけたらと思っています。

伊藤舞 コメント

成人式の時は大好きな赤を選んだんですが、今回は緑を選びました。似合うよと褒めていただいてうれしかったですね。わたしは歌やダンスが未経験だったので、みんなについていけるかなと不安だったんですけど、レッスンや練習を一生懸命やって。少しずつ上達しているなということを感じます。どうやったらお客さんに楽しんでいただけるのか研究中なので、ライブでも輝いていけるよう頑張りたいなと思っています。

秋月香七 コメント

この間、成人式の前撮りをやったばかりなんですけど、黄色い着物は初めてですし、うれしいですね。2018年はいろいろなことにチャレンジした年でした。わたしも歌ったりダンスをすることが大好きなので、夢がかなったなと思いました。今まで大人数で活動をしたことがなかったんですけど、みんな芸能活動をしたいということで集まってきた人たちなので、毎日いろいろなことを吸収しながら頑張っています。

舩田美子 コメント

振り袖を着たのは成人式以来ですね。着物の撮影は初めてだったんで緊張しましたけど、すごく景色のいいところで撮ってもらえたので、気分良く撮影することができました。「カレッジ・コスモス」は大人数なんで、みんなとコミュニケーションが取れるのか不安だったんですけど、今はみんなまとまっていて、仲良く活動しています。3月にはCDデビューをさせていただきますし、皆さんにグループのことを知ってもらえるよう頑張りたいと思います。

脇田璃奈 コメント

わたし好みの着物が着られてうれしいです。豪華ですし、大人っぽい感じで、テンションが上がります。「カレッジ・コスモス」として、みんなと一緒に活動するのは本当に新鮮ですし、楽しんでやっています。このたび握手会をさせてもらえることになったんですけど、どうしてもSNSでは一方的な発信になってしまいますし、なかなか日頃の感謝をお伝えできる機会がないので、本当に楽しみです。

伊藤彩華 コメント

成人式の前撮りもまだやっていなかったんで、今回、初めて振り袖を着て撮影をしたのがとても新鮮でした。薄紫なんですけど、かわいらしくて、美しくて、本当にすてきなお着物だなと思っています。わたしは子役の時に、少しミュージカルをやっていたので、歌もダンスも大好きでした。自分のやりたいことができてうれしいです。今まで個人で活動していたので、グループのメンバーがいるのは心強いなと思っています。

坂本美咲 コメント

お着物って姿勢を正すものじゃないですか。お着物を着ると、心も少し凛とした感じになります。楽しんで撮影をすることができました。ダンスは、「カレッジ・コスモス」に入ってから本格的にやるようになりました。グループにはダンス経験者がたくさんいるんで、その方たちにも迷惑をかけたくない。グループのメンバーとは、仲間意識はありつつ、ライバルでもあるので、ダンスも頑張りたいなと思っています。

Aya コメント

こうして着物を着て、写真を撮っていただく機会があまりないので、楽しく撮影をすることができました。2018年は「カレッジ・コスモス」のオーディションがあり、そこからあっという間にここまできてしまった。まさに怒濤の日々でしたけど、わたしにとってはすべてが新しいこと。常に挑戦していた年だったなと思います。グループのことを知ってもらえるように、2019年はもっと成長していきたいなと思います。

(衣装協力:まるやま・京彩グループ)

音楽ナタリーをフォロー