カントリー・ガールズ

カントリー・ガールズ

カントリーガールズ

“世界に通用するグループに成長するように”というコンセプトのもと、1999年に結成されたカントリー娘。が2014年にカントリー・ガールズに改名。同年に嗣永桃子(ex. Berryz工房)、ハロプロ研修生から選出された稲場愛香、山木梨沙、モーニング娘。‘14のオーディション参加者の森戸知沙希、島村嬉唄、小関舞の計6名がグループに加入し、それまでグループを存続させてきたカントリー娘。時代からのメンバー・里田まいがスーパーバイザーに就任した。翌2015年に1stシングル「愛おしくってごめんね / 恋泥棒」でメジャーデビューを果たす。以降メンバーの卒業と加入を経て、2017年に嗣永がグループならびにハロー!プロジェクトから卒業。グループは山木、森戸、小関、船木結、梁川奈々美による5人体制に移行すると同時に、森戸がモーニング娘。‘17、梁川がJuice=Juice、船木がアンジュルムへ移籍しカントリー・ガールズと兼任すること、そして山木と小関は学業との両立のため主に学校の休日や長期休暇中に活動することが発表された。2018年に山木のカレッジ・コスモスとの兼任が決定し、2019年3月に梁川がグループならびにハロー!プロジェクトから卒業した。以降山木、森戸、小関、船木の4人体制で活動していたが、メンバーの意向から同年12月26日に行われる東京・LINE CUBE SHIBUYA公演をもってメンバー全員が卒業、グループとしての活動を休止する。

リンク

関連する画像