音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「DTC」舞台挨拶にRAMPAGE登場、山下健二郎は美声褒められ「俺、歌うまいなって」

888

映画「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

映画「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

現在公開中の映画「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日10月14日に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、キャストの山下健二郎三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と佐藤寛太劇団EXILE)、監督の平沼紀久、ゲストのTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが登壇した。

「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」は「HiGH&LOW」シリーズの最新作となるスピンオフ映画。劇中のチーム・山王連合会に所属する山下演じるダン、佐藤演じるテッツ、佐藤大樹EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)演じるチハルの3人が刺激を求めて出かけたバイク旅の物語が描かれる。

舞台挨拶にはまず山下、佐藤寛太、平沼の3人が登場。映画に関する周りの反響を聞かれた山下は「がんちゃん(岩田剛典)が『面白かった。悔しい』と言ってました」と回答し、佐藤寛太は全国各地で行った舞台挨拶を振り返り「なぜか3人でランニングマンしてくれって言われたことがありましたね。紀さん(平沼)もやってくれて」と印象に残っているエピソードを紹介した。EXILEのツアーのため舞台挨拶を欠席した佐藤大樹については山下が「あいつ今何してんですかね?」ととぼけ、平沼と佐藤寛太から「京セラドームで踊ってるんじゃないかな」と言われると「あいつEXILEでしたね。忘れてた」とマイペースにコメント。平沼に「なんだと思ってたの!?」とツッコまれていた。

ここで山下の後輩にあたるTHE RAMPAGEの16人が登壇。山下が映画鑑賞後の岩谷翔吾から感想が届いたことを明かし、「長文のLINEがぶわーっと来たんですけど、めんどくさくなっちゃって『ありがとう』だけ返した(笑)」と報告したほか、山本彰吾がクライマックスで号泣したことを告白し、近くで鑑賞していたというLIKIYAから「(鼻をすする音が)すごく聞こえて映画に集中できないくらいだった」とクレームを入れられていた。このほかに佐藤寛太と岩谷が学生時代同じクラスだったことを知った山下が、「(岩谷は)しっかりしてるのにね……大丈夫?」と心配そうに佐藤寛太の肩を叩く場面もあった。

これまで「HiGH&LOW」シリーズに一部メンバーが出演し、挿入歌なども担当してきたTHE RAMPAGE。パフォーマーの陣は「個人的には演技もしていないし、何も出てないんですけど、こうして皆さんの前に立てて不思議な感じです。しかもセンターを取ってしまって……(笑)」とステージ上の立ち位置に恐縮する。山王連合会のテッツの後輩として、それぞれケンとヒカルを演じた岩谷と山本は劇中で挑戦したいことを聞かれて回答。バイクで2人乗りするシーンを演じた岩谷が「単独でバイクに乗れるようになりたい」と答えたあと、山本は「しゃべりたい」とセリフをねだって笑いを誘った。また2人はショートコメディ「HiGH&LOW THE DTC」の台本で演技レッスンをした経験があるとのことで、平沼は「『お湯』の回で(山本は)率先して健二郎の役をやってたね。なん! でや! ねん!とか言って(笑)」と裏話を披露した。

ボーカルの3人は劇中で披露されている山下らの歌声の感想を求められ、川村壱馬は「健二郎さんはパフォーマーだと思えないくらい歌声も素敵でした」と返答。山下は「マジで? マスコミの皆さん、ここ太字でお願いします」と笑顔をこらえきれず喜びを露わに。川村は「寛太もVOCAL BATTLE AUDITION出身なだけある」と佐藤寛太の過去に触れて本人を「やめろっ」と照れさせた。吉野北人の「健二郎さんのカラオケのシーンがめちゃくちゃ美声で、僕もちょっと危機を感じました」という言葉には、山下が「そうだよねー。薄々気付いてたんだけどな。俺、歌うまいなって」とわかりやすく調子に乗ってみせる。さらに吉野が「寛太に歌を教えてほしいと言われて、カラオケで練習してたんです」と佐藤寛太がカラオケでEXILEの曲を歌っていたことを暴露すると、登壇者は「コソ練してたの!?」と驚愕。そしてRIKUから「めっちゃ音域広いですよね!」と絶賛された山下は、「そうなのよ、音域広いの意味わかってないけど」とドヤ顔を決めるも、平沼から「ボツになった曲、聞かせたいよね」と言われると「それはダメ!」と必死に止めていた。

続いて「HiGH&LOW」シリーズで鬼邪高校の芝マンを演じる、辻を演じる鈴木昂秀に「キャラクターたちは戦っていない間、何をしていると思うか?」という質問が飛ぶと、2人は勘違いしてオフでの自分たちのこと話してしまい、メンバーたちをザワつかせる。また頻繁に2人で食事をするという福岡県出身の佐藤寛太と藤原樹は、「会いすぎてもうしゃべることがないから、(会っても)無言だよね」「“しゃべる”を超えましたね」と親密さをうかがわせた。

舞台挨拶の最後には平沼が「『HiGH&LOW』シリーズやDTCには、一貫してある思いを込めています。それは、どんなにお金を持っている人、どんなに地位や名声を持っている人、どんなに異性にモテる人よりも、変化できる人間が素晴らしいという思いです。今日はRAMPAGEが来てくれましたし、次世代に継いでいくということも踏まえて、これからも『HiGH&LOW』とDTCを応援よろしくお願いします」と観客に語りかけ、山下は「この作品を通して、DTCの3人が自分たちの強みや武器を見つけられた気がします。この撮影で培ったものを生かして、今後も役者人生、がんばっていきたいと思います」と俳優業への意欲を述べた。

音楽ナタリーをフォロー