音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

前野健太が倉科カナらとNHKドラマ記者会見に登壇「僕の異物感が半端なかったですね」

439

左から渡部豪太、堀春菜、倉科カナ、アヤカ・ウィルソン、前野健太。

左から渡部豪太、堀春菜、倉科カナ、アヤカ・ウィルソン、前野健太。

1月24日(水)22:00からNHK BSプレミアムで放送されるドラマ「あったまるユートピア」の試写会&記者会見が本日1月17日に東京・NHKで行われ、主題歌「いのちのきらめき」を書き下ろした前野健太が主要キャストと共に登壇した。

「あったまるユートピア」はNHK神戸放送局が制作する、兵庫県豊岡市の城崎温泉を舞台に3人の女性の物語を描いたドラマ。就職した銀行を辞めて出身地の兵庫に戻り、うさぎと暮らしながら革カバン職人養成学校に通う女性を倉科カナ、高校の演劇部が地元のイベントで上演する舞台の脚本の執筆を任されてしまう女子高生を堀春菜、城崎国際アートセンターで公演する夫と同行して城崎温泉に訪れた世界的ダンサーの妻をアヤカ・ウィルソンが演じる。劇伴は石橋英子が担当し、芸術監督を平田オリザが務めている。

記者会見には前野とこの3人の女性キャストに加え、かつて世界を放浪していた魚屋の役を務めた渡部豪太、NHK神戸放送局の京田光広シニアディレクターと酒井悠ディレクターも登壇。このドラマ撮影のために、阪神・淡路大震災で両親を亡くした役の倉科は実際に震災遺児となった人に話を聞き、温泉旅館の一人娘の役の堀は実際に城崎温泉で数日間過ごし、シリア生まれの役のアヤカはシリアから来た女性に話を聞いたと語った。

前野は主題歌について、脚本を読んで監督やプロデューサーと話しながら考えたとのことで、「魚を殺して食べたり、革でバッグを作ったり、人間が命をもらうことは当たり前になってるけど、動物たちはどんな気持ちで命を差し出してるのか。そもそも差し出してる気持ちなんかないんじゃないか。それについての答えは出さずに『どうして?』を曲にした」と説明。ドラマを観た感想として「最後の百鬼夜行みたいなダンスシーンがすごくよかったです。すごく気持ち悪いし変じゃないですか。なんでこんなおかしなことを人間はするんだろうって、ほかの生き物と比べて人間は複雑でおかしいなって思いました。僕はそのおかしさを全力でやっていきたいなと、ドラマを観て思いました」と話した。

また前野はペット葬儀屋の役で劇中に登場しており、これについて彼は「僕の異物感が半端なかったですね」と笑いながら、「自分の実家の猫が死んだときにペットの葬儀屋に頼んだんですけど、その人の顔は今もよく覚えています。すごく感じがよかった。その人のことを思い出して演じました」と自身の演技を振り返った。

倉科は「不思議な作品ができあがりました。この作品のことを思うと言葉が喉に詰まって出てこないので、ちゃんとした文章にならないんです。だから、これを観た皆さんがどう感じたのか興味があります」とドラマについてコメント。「この作品で私は『当たり前のことは実は当たり前じゃない、だからこそ大切にしなきゃいけない』と思ったんです。でもそれをダイレクトに皆さんに伝えてるわけではないので、この作品を観て『感動したよね』『泣けたよね』ということではなく、心に何かが残ってくれればいいと思います」と語った。また渡部はこの作品について「ドラマというよりドキュメンタリーという感覚」と評した。

音楽ナタリーをフォロー