音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

エビ中、小林歌穂主演ドラマ主題歌「日記」で吉澤嘉代子とまたまたコラボ

1382

私立恵比寿中学の小林歌穂が主演を務めるtvk、GYAO!のオリジナルドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」の主題歌が、ドラマ放送開始となる本日1月11日よりiTunes Store、レコチョク、mora、dwango.jpで配信される。

主題歌はエビ中が歌う新曲「日記」で吉澤嘉代子がこのドラマのために書き下ろした楽曲。吉澤は2016年、クレアラシルのテレビCM「リバイバル - しかも」編のCMソングに採用された楽曲「面皰」(ニキビ)で初めてエビ中に楽曲を提供しており、同年8月に発売された吉澤のミニアルバム「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」収録曲「ねえ中学生 feat. 私立恵比寿中学」にはエビ中がコーラスで参加している。

エビ中と吉澤による3度目のコラボとなる今作は、カンケこと柏崎三十郎が編曲を担当。ドラマの世界観にぴったりな懐かしくも新しい楽曲に仕上がっている。またドラマのエンディングテーマには、エビ中と同じくスターダストプロモーションに所属するヒップホップユニット・MAGiC BOYZの新曲「ハッピーエンドマジック」が採用された。

「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」はtvkで毎週木曜23:00よりオンエア。tvk放送直後の23:30よりGYAO!での配信がスタートする。

音楽ナタリーをフォロー