「心の掛け布団に」エビ中の小林歌穂、住民と作り上げた「ぽーランド」で夢語る

2133

私立恵比寿中学の小林歌穂の生誕ソロライブ「ぽーランド3!!」が昨日6月14日に東京・マイナビBLITZ赤坂で開催された。

小林歌穂ソロライブ「ぽーランド3!!」の様子。

小林歌穂ソロライブ「ぽーランド3!!」の様子。

大きなサイズで見る(全30件)

会場ロビーに飾られたぽーランド住民からのフラワーギフト。

会場ロビーに飾られたぽーランド住民からのフラワーギフト。[拡大]

一昨年より各自のバースデー企画として、セルフプロデュースによるソロ公演を行ってきたエビ中メンバー。6月12日に18歳の誕生日を迎えた小林は、過去2回のソロ公演と同様に自身のニックネーム「ぽーちゃん」にちなんだ夢の国「ぽーランド」をコンセプトにしたライブを行い、エビ中のナンバーやカバー曲でその優しい歌声をファンに届けた。

巨大なクラッカーを鳴らす小林歌穂。

巨大なクラッカーを鳴らす小林歌穂。[拡大]

小林を祝うために集まった人々で埋め尽くされたマイナビBLITZ赤坂が暗転すると、チャラン・ポ・ランタン作曲の「吟遊詩人」が小林の語りと共に流れる。会場がメルヘンなムードに包まれる中、小林は巨大クラッカーを抱えて登場。黒いゴスロリ衣装の彼女はクラッカーを客席に向けて打ち鳴らすと、チャラン・ポ・ランタン「あの子のジンタ」のカバーでライブの幕を開けた。小林は「松井秀喜さんとシャンシャンと共に誕生日を迎えました小林歌穂です」と挨拶したあと、「ぽーランド」に集まったファンを“住民”と呼ぶことを提案。観客は拍手でそれを受け入れて「ぽーランド」の住民となった。

小林歌穂

小林歌穂[拡大]

小林は歌謡曲テイストの「ぐらりぐら想い」を大人っぽく歌い上げると、続けて「誘惑したいや」をパフォーマンス。楽しそうに歌う彼女に住民は「ぽーちゃん!」と熱いコールを浴びせた。幕間にはスクリーンに小林を含むエビ中メンバー全員の映像が映し出され、6人は小林の提案により「いつ・だれが・どこで・なにをしたゲーム」を楽しむ。このゲームは、参加者それぞれが「いつ」「だれが」「どこで」「なにをした」に当てはまる言葉を紙に書き、それをランダムに繋げて文章を作るというもの。「寝る前に」「真山りかが」「体育館で」「小林歌穂の兄と」という怪しげな文章が作成され、いったい何をするんだ……と会場の期待が高まったところで、「たわむれた」というオチが発表されると、会場は笑いで包まれた。

大量のシャボン玉に包まれながら「藍色のMonday」を歌う小林歌穂。

大量のシャボン玉に包まれながら「藍色のMonday」を歌う小林歌穂。[拡大]

小林歌穂

小林歌穂[拡大]

箸休めVTR上映後、小林は「藍色のMonday」で元気よくライブを再開。歌詞に対応してステージの両サイドから噴射されるシャボン玉を小林はうれしそうに眺めていた。続けて「面皰」「日記」を披露した小林は「唇がカサカサになりやすい」と水分を補給してひと呼吸置き、手嶌葵「明日への手紙」、吉澤嘉代子「一角獣」のカバーをしっかりと歌唱。「響」に続いて再び上映された箸休めVTRでナンセンスな文章がいくつも作り上げられたあと、スポットライトの中でポーズをとる小林を見た住民からどよめきが起こる。ここで彼女が披露したのは、真山りかのソロ曲「Liar Mask」。間奏で懸命にステップを踏む彼女の姿は住民を笑顔にした。そして本編ラストを飾ったのは、椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」に収録された「自由へ道連れ」のカバー。コール&レスポンスや「道連れしちゃうぞ!」というセリフで会場を盛り上げた小林はなぜかダンディ坂野の「ゲッツ!」のポーズでこの曲を締めくくった。この曲が最後だということで残念がる住民たちに小林が「文句ありますか?」と問うと、住民は「ないでーす!」と即答。新曲「熟女になっても feat. SUSHIBOYS」にちなんだやりとりを繰り広げた。彼女は悩んで決めたという今回のセットリストについて「私のよさが出てたらいいな」と話し、「声についてすごく温かいと褒めてくださるので、もっともっと上達して、皆さんの心の掛け布団になれるようにと言うか、掛け布団を目指してがんばります」という夢を語った。

ぽーランド住民にプレゼントを手渡す小林歌穂。

ぽーランド住民にプレゼントを手渡す小林歌穂。[拡大]

小林歌穂

小林歌穂[拡大]

アンコールの声に応えて再び登場した小林は、ここでチケットの半券を使ってくじ引きを実施して、当選者11名をステージに呼び寄せた。当選者がステージに集まるまでの間、小林は今回の衣装を選んだ理由について説明。彼女は去年の生誕ソロライブでロリータ衣装を着たことで“己の乙女”が出てきたのだという。当選者がステージに上がると、小林は「おめでとう」という言葉と共にサイン入りのマグカップを1人ひとりに手渡しした。くじ引きに続けて「はい! ぽー!」の掛け声で集合写真を撮ったあとは、小林の生誕ソロライブで恒例の「ゼッテーアナーキー」の合唱コーナーへ。スクリーンに歌詞が表示されないトラブルがあったが、小林は「だって人間だもん」とスタッフのミスを優しくフォローし、住民は歌詞が表示されない中でもしっかりとした歌声を届けて彼女を喜ばせた。「エビ中を知っている人はエビ中を知らない人よりも得してるなって思ってもらえたら、すごくうれしいなって感じてるので、そう思ってもらえるようにがんばります」という語りから披露されたのは「感情電車」。小林はステージを走り回ってフロアにウェーブを巻き起こすと、最後は「さよならばいばいまたあした」でその温かい歌声を丁寧に届けた。そして「今日は本当に本当にありがとうございました!」と言って小林がステージを完全に去ったのち、唐突にキャノン砲が打ち鳴らされ、今年の「ぽーランド」は幕を閉じた。

この記事の画像(全30件)

小林歌穂生誕ソロライブ「ぽーランド3!!!」
2018年6月14日 マイナビBLITZ赤坂 セットリスト

01. 吟遊詩人~あの子のジンタ(オリジナル:チャラン・ポ・ランタン)
02. ぐらりぐら想い
03. 誘惑したいや
04. 藍色のMonday
05. 面皰
06. 日記
07. 明日への手紙(オリジナル:手嶌葵)
08. 一角獣(オリジナル:吉澤嘉代子)
09. 響
10. Liar Mask(オリジナル:真山りか)
11. 自由へ道連れ(オリジナル:椎名林檎)
<アンコール>
12. 感情電車
13. さよならばいばいまたあした

全文を表示

関連記事

私立恵比寿中学のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 私立恵比寿中学 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。