音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

パノラマパナマタウンがツアー最終公演でメジャー発表「絶対にやりたいことを曲げない」

189

パノラマパナマタウン「Goodbye Chaos Tour」の様子。(撮影:浜野カズシ)

パノラマパナマタウン「Goodbye Chaos Tour」の様子。(撮影:浜野カズシ)

パノラマパナマタウンが、東名阪ワンマンツアー「Goodbye Chaos Tour」の最終公演を10月14日に東京・新宿LOFTで実施した。

このツアーは、パノパナが6月に発表したミニアルバム「Hello Chaos!!!!」を携えて行われたもの。彼らは初期の楽曲から未発表の新曲まで全19曲を披露し、エネルギッシュなパフォーマンスを展開した。

バンドが1曲目にセレクトしたのは、「Hello Chaos!!!!」の収録曲「PPT」。浪越康平(G)、田野明彦(B)、田村夢希(Dr)の奏でる軽快なサウンドに岩渕想太(Vo, G)がフリーキーなラップを重ね、場内からハンドクラップが湧き起こった。さらに4人はアッパーな「ロールプレイング」「エンターテイネント」を畳みかけ、フロアの熱気を上昇させていく。続いて彼らは岩渕が自身の故郷・北九州への思いを込めた「真夜中の虹」、バンドが上京した当時の心象を重ねた「パン屋の帰り」をじっくりと届け、会場を一気にクールダウンさせた。その後4人は、バンド初のタイアップ曲「ラプチャー」をプレイ。憂いを帯びたサウンドが室内を満たした。オーディエンスが楽曲の余韻に浸る中、披露されたのは未発表の新曲「フカンショウ」。本編ラストに向けてフロアは再びヒートアップしていく。そして「MOMO」の曲中には、岩渕の口から2018年の新春にA-Sketchからメジャーデビューすることが発表され、場内に祝福ムードが漂った。

歓声が鳴り止まぬ中、4人は笑顔を見せながら再びステージへ。岩渕は「バンド1本で生きてくぞって意志を固めて上京して、だけど正直言うと、上京してからはつらかった時期もあった」と回顧した。さらに「ずっと俺らは無敵だぜって思いながらもそういう日々があって、でもメジャーデビューが決まって、気付いたら俺らが大学の片隅で4人だけでいいと思ってた音をいいと思ってくれる人がいっぱいいて」と改めてメジャーデビューについて触れ、「だから、俺はここで約束したい。俺ら4人はこの先、絶対にやりたいことを曲げない。そう約束するんで、これからもよろしく」とファンに力強く誓った。そして「いい趣味してるね」で岩渕は、フロアに降りてギターをかき鳴らすといったサービス精神あふれるパフォーマンスでファンを喜ばせた。公演のラストを飾った「世界最後になる歌は」では会場からシンガロングが生まれ、一体感を作り上げた彼らは充実した表情でステージをあとにした。

パノラマパナマタウン「Goodbye Chaos Tour」2017年10月14日 新宿LOFT セットリスト

01. PPT
02. リバティーリバティー
03. ロールプレイング
04. 寝正月
05. エンターテイネント
06. シェルター
07. ねぇ、東京
08. Gaffe
09. ホワイトアウト
10. 真夜中の虹
11. パン屋の帰り
12. ラプチャー
13. パノラマパナマタウンのテーマ
14. SHINKAICHI
15. フカンショウ
16. MOMO
<アンコール>
17. odyssey
18. いい趣味しているね
19. 世界最後になる歌は

音楽ナタリーをフォロー