音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46生駒「キュンとしました」主演映画に欅坂46石森が出演

742

「コープスパーティー Book of Shadows」のキャストと山田雅史監督(右)。

「コープスパーティー Book of Shadows」のキャストと山田雅史監督(右)。

7月30日に公開される生駒里奈乃木坂46)の主演映画「コープスパーティー Book of Shadows」に、欅坂46の石森虹花が出演することが発表された。

今作は2015年に公開された「コープスパーティー」の続編で、前作の半年後の物語が描かれる。生駒は引き続き女子高生の中嶋直美を演じ、作品にはほかに前作からの続投組である前田希美池岡亮介、今作からの新キャストである青木玄徳石川恋らが出演する。

映画初出演となる石森は、物語の重要なキャラクターである篠崎ひのえを演じる。このほど東京都内で会見が開かれ、生駒、石森ら出演者と山田雅史監督が登壇。その中で石森は「終始緊張していましたが、大先輩の生駒さんをはじめとする出演者の皆さんがアドバイスをくださったので、安心して臨むことができました」と撮影を振り返った。石森から「大先輩」と言われた生駒は「アドバイスできるほど先輩ではないですが……」と照れ笑いしながらも「自分が初めて出演したときのことを思い出して『(現場で)引いていたらいけないよ』ということは伝えました」と語る。また石森が慣れないマイクの装着に手こずっていたことを明かし「そういった姿から“初めて”な感じが伝わってきて、キュンとしちゃいました。私と私のマネージャーさんが手伝って、一緒にマイクを付けました」と話した。

撮影現場の雰囲気について、石森は「すごく温かかったです。ホラーは大の苦手で、出演前は『自分が本当に出られるのだろうか』と不安があったんですが、無事に終えることができました」とコメントした。同じ質問に生駒は「みんなとひさしぶりに会えたのがうれしかったです」と笑顔を見せ「作品はホラーだけど、休憩中は青春映画を撮っているような雰囲気なんですよ」とキャスト陣の仲のよさを明かしていた。

なお本作の主題歌を、前作に引き続き今井麻美が担当することも併せて発表となった。

(c)2016 Team GrisGris / MAGES. / 5pb. / 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー