“ゾンビのリーダー”にサプライズも!超特急、ハロウィン仮装で迎えた主演映画初日

1343

超特急が本日10月31日に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた初主演映画「サイドライン」の公開初日舞台挨拶に登場した。

“怖い顔”でポーズを決める超特急。

“怖い顔”でポーズを決める超特急。

大きなサイズで見る(全56件)

ユーキ(左)とユースケ(右)。

ユーキ(左)とユースケ(右)。[拡大]

初主演映画の公開日がハロウィン当日であることから、7人は仮装した姿で挨拶に登壇。コーイチはゾンビの警官、カイは宇宙飛行士、リョウガはゾンビの囚人、タクヤは人狼、ユーキは死神、ユースケは海賊、タカシは「不思議の国のアリス」のアリスに扮し、変身した姿のメンバーが客席の扉から劇場に姿を見せると観客からは悲鳴のような歓声が上がった。

マイクを握ったリーダーのリョウガは客席を見渡し「映画を観終わって、みんな生き生きしていて血色がいいね! 僕もつられて血色がよくなっちゃいました!」とコメント。カイから即座に「いや、青白いよ!(笑)」とツッコまれる。初日を迎えた感想を問われたユーキは「僕死神なんですけど、めちゃくちゃハッピーです!」と笑顔で語り、観客に「元気になれましたかー?」と問いかけたユースケは「あ、拍手もらえた! 拍手もらえたから、元気になれたということかな。この映画でたくさんの方に元気を届けたいです」と、ほっとしたような表情を浮かべた。

カイ(中央)を挟んでお互いをほめあうコーイチ(左)とリョウガ(右)。

カイ(中央)を挟んでお互いをほめあうコーイチ(左)とリョウガ(右)。[拡大]

司会者との質疑応答では、早速この日の仮装の話題に。カイは「映画の中で、僕が演じた久能宇宙が宇宙飛行士を目指しているんです」と宇宙服を着た理由を明かし、タクヤから「夢叶ったじゃん!」と声をかけられる。そのタクヤは司会者から「犬ですか?」と問いかけられ「いや、僕だけ手抜きだって思わないでくださいね。もっと怖い感じになる予定だったんだけど……」と照れ笑いした。また、ゾンビのコーイチは“ゾンビ仲間”のリョウガに向かって「お前、顔色悪いなあー!」と声をかけ、これにリョウガも「お前の方こそ顔色悪いよー!」とうれしそうに返す。2人の“ほめ合い”に会場は爆笑に包まれ、リョウガが「次はゾンビ映画をやりたい!」と提案すると福山桜子監督も「やろう、ゾンビ映画! タイトルは『デッドライン』ね(笑)」と応じた。

アリスに扮して“やでポーズ”を決めるタカシ。

アリスに扮して“やでポーズ”を決めるタカシ。[拡大]

ユースケは「ヒゲがちくちくするー!」と付けヒゲに苦戦しながらも「海賊王になった気分です!」と満足げな表情。目の周りを黒く塗るメイクを施したユーキはカイから「お腹空いた? 笹持ってこようか?」と声をかけられ「パンダじゃねえよ!(笑)」と返す。7人の中で唯一女装をし、8号車(ファンの総称)のざわめきを集めたのはタカシ。会場の「かわいい!」という声に彼は「恥ずかしくてあまり前を見られない……」と照れっぱなしで、司会者に「(女装は)趣味ですか?」と聞かれると「お仕事です。ビジネスでやらせていただいてます!」と返し、ほかのメンバーから「マジメか!(笑)」とツッコミを受けていた。

リョウガ(左から3番目)の誕生日を祝福するメンバー。

リョウガ(左から3番目)の誕生日を祝福するメンバー。[拡大]

挨拶中には、そのタカシが突如会場に現れた悪魔に連れ去られてしまう場面があった。「助けてー!」という言葉を残してタカシが劇場から姿を消すと、メンバーは「何、何?」と一様に困惑の表情を浮かべる。するとタカシは電車の形の大きなケーキを持ってステージに再登場。これは10月23日に21歳の誕生日を迎えたリョウガへのサプライズで、メンバーが8号車とともに「お誕生日おめでとう!」と祝福すると、リョウガは「うわー! ありがとう!」と笑顔を浮かべた。

また本作に特別出演したゴールデンボンバーの歌広場淳(Be-su)から超特急へ向けたサプライズのコメント動画も届けられ、7人はスクリーンに映し出される動画をうれしそうに見つめる。最後に挨拶に立ったリョウガは「『サイドライン』は僕たち超特急にとって大事な大事な……大事な作品になりました。1人でも多くの方に観ていただいて、元気と勇気を届けられたらと思います!」と力強く語っていた。

この記事の画像(全56件)

歌広場淳(ゴールデンボンバー)コメント

みなさんこんにちは! みなさんというのはつまり超特急のみなさんと劇場にお越しの皆さん、そしてえーっと、そんなところだ。
ゴールデンボンバー、歌広場です。どうぞよろしくお願いします。みなさんはこれから「サイドライン」を見るのかな? 見たのかな? よくわかんないですけれども、今回ね「サイドライン」、僕、歌広場淳、フラワー様という役で出演させていただいております。
フラワー様とはどういう役なのかというと、まったくもってわかりません!
いまだにわかっていません。でもですね、大事なことは役がどうこうとかじゃないんですよね。つまり僕は超特急のみんなが好きなので、そんなみんなが出ている映画に関わりを持てたということがとてもうれしかったし、そういう部分をみんなに見てもらいたい。
超特急のみんなはすごいんですよ! すごいがんばってるんです。
ただフラヤー……いやフラワー様というのはちょっとよくわかんないけど。
夢は叶いますよ。僕、超特急が好きだからこうやって一緒にお仕事させていただきました。皆さんも超特急が好きだという気持ちをぜひね、表に出して、そしてそれがいつか形になることがあると思うので、形にしてみてください。好きというパワーは絶対です。僕が保証します。なのでそういう好きという気持ちがすごいこもった「サイドライン」ぜひお楽しみください!! ユーキ君がトマト育ててるよ。

全文を表示

超特急のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 超特急 / 福山桜子 / ゴールデンボンバー / サイドライン の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。