音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

“黒幕”Ken Yokoyama、SATAN STAGEで貫禄パフォーマンス

1286

Ken Yokoyama(Photo by teppei kishida)

Ken Yokoyama(Photo by teppei kishida)

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'15」が本日6月20日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではSATAN STAGEで行われたKen Yokoyamaのライブの様子を紹介する。

10-FEET、FACTと続くSATAN STAGEトリプルヘッドライナーの1番手を務めるKen Yokoyama(Vo, G)。彼は出てくるなり「SATANIC CARNIVAL」は“PIZZA OF DEATH RECORDSのフェス”であり“横山健のフェス”ではないことを説明し、「こういう場所を企画してくれたPIZZA OF DEATHに拍手を」とイベントに敬意を表す。そして「『SATANIC CARNIVAL』一番の黒幕として始めます」と言い、「Punk Rock Dream」でライブをスタートさせた。

7月8日リリースのニューシングルの表題曲「I Won't Turn Off My Radio」では発売前にも関わらず、曲にあわせてファンから「Radio」の掛け声が上がる。またKenが日の丸を肩にかけプレイした「This Is Your Land」では観客も思い思いに旗やタオルを掲げて、バンドの演奏に聴き入っていた。

MCでKenは「今日は絶好調だ」とうれしそうに発言。その言葉通り、饒舌になった彼は「個人的にはライブハウスカルチャーとかストリートカルチャーとかをぎゅっと凝縮したフェスにしたいなって思ってる」と「SATANIC CARNIVAL」への思いも口にした。

Ken、Hidenori Minami(G)、Jun Gray(B)のアンサンブルから始まる「Save Us」でライブは後半戦へ。“Ken Bandのテーマソング”である「Let The Beat Carry On」ではKenがマイクをフロアに投げ入れてファンの歌を合図に演奏を始め、場内を一層盛り上げる。さらに曲の終わりにはステージでしゃがみこみ、愛おしそうにギターを奏でてみせた。そして再び日の丸を肩にかけたKenは「Ricky Punks III」を届ける。彼は声を荒げ、手を伸ばしたり、力強く拳を握ったりしながら歌唱し貫禄のステージを締めくくった。

※記事初出時、本文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー