KEYTALK、幕張をダンスフロアに変えた多彩ライブ

533

ビクターエンタテインメントが主催するライブイベント「ビクターロック祭り2015」が、本日3月14日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて開催中。この記事ではKEYTALKのライブの模様をレポートする。

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

大きなサイズで見る(全3件)

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )[拡大]

KEYTALKのステージは寺中友将(Vo, G)の「楽しんでいこうぜー!」というシャウトから「トラベリング」で幕開け。首藤義勝(Vo, B)のハイトーンなボーカルと、八木優樹(Dr, Cho)の繰り出す軽快な四つ打ちで1曲目から観客を踊らせていく。小野武正(G, Cho)はステージを自由に動き回り、大きなステージを広々と使ってアグレッシブなプレイを見せた。

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )[拡大]

バンドはその後も「パラレル」「fiction escape」などのアッパーチューンを畳み掛けて、フロアを盛り上げる。小野の「時間は早いですけど、踊れますか?」という煽りから披露されたのは、最新シングル「FLAVOR FLAVOR」。さわやかなサウンドに乗せて、寺中と首藤の伸びやかなボーカルが会場に響き渡った。「エンドロール」ではきらめく照明がステージを彩り、ドラマチックな雰囲気に。そして夏らしいムードが漂う「MABOROSHI SUMMER」では、次々と変わるリズムでファンを踊らせた。

小野による「ビクター!」「大好き!」のコール&レスポンスを経てライブは最後のブロックへ。「太陽系リフレイン」では八木が華麗なドラムさばきで場内のテンションを引き上げる。そして勢いそのままにプレイされた「MONSTER DANCE」で4人はさらにフロアを熱狂させ、持ち時間をあっという間に駆け抜けた。

この記事の画像(全3件)

ビクターロック祭り2015
2015年3月14日 幕張メッセ 国際展示場9-11ホール セットリスト

KEYTALK

01. トラベリング
02. パラレル
03. fiction escape
04. FLAVOR FLAVOR
05. エンドロール
06. MABOROSHI SUMMER
07. 太陽系リフレイン
08. MONSTER DANCE

全文を表示

関連記事

KEYTALKのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 KEYTALK の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。