“ビクター新入り”スガシカオ、幕張を魅了した名曲オンパレード

389

ビクターエンタテインメントが主催するライブイベント「ビクターロック祭り2015」が、本日3月14日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて開催されている。この記事ではスガシカオのライブの模様をレポートする。

スガシカオ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

スガシカオ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

大きなサイズで見る(全6件)

スガシカオ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

スガシカオ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )[拡大]

暗転と同時にステージに現れたスガは、アコースティックギターを抱えるとスポットライトを浴びながら自身の代表曲の1つである「Progress」を力強く熱唱。曲の進行とともにバンドの演奏が加わり、豊かなアンサンブルが紡がれた。「ありがとう!」という短い感謝の言葉を挟んで始まったのはエッジーな「19才」。スガは鮮やかな照明の下でステージを練り歩きながら情熱的な歌声を響かせた。

続く「コノユビトマレ」では、スガと同じビクターに所属する盟友・FIRE HORNSが加わりサウンドはさらにゴージャスに。陽気なムードがフロアに広がっていき、観客は心地よさそうに体を揺らしたり、腕を振ったりしながらライブを堪能する。そして「俺たちが大好きなファンクモードに突入します! 今日はロック祭りだけど!」という言葉から、「俺たちファンクファイヤー」「バナナの国の黄色い戦争」といった入魂のファンクチューンが連投されるブロックへ。ソウルフルなスガの歌声と、グルーヴィなホーンサウンドに場内はダンスフロアと化する。そして「情熱と人生の間」でファンクモードにひと区切りをつけた彼は、歌詞を噛み締めるようにしながら「愛について」を歌い上げ、会場をしみじみと酔わせた。

その後のMCでスガは「去年2014年5月にSPEEDSTAR RECORDSに拾っていただいて、再びメジャーデビューしました」とビクターの“新入り”であることについて触れ、新たなアルバムに向けて動いていることを口にする。また「ビクターでがんばっていこうかと思いますので」とさらなる飛躍を誓い、「今日は夜まで濃いメンツとすごいバンドが集まってるので、このあと俺もみんなに混ざって楽しみたいと思います」と述べ拍手を浴びた。

そしてライブのラストを飾ったのは、最新曲「モノラルセカイ」。スガはロックテイストを押し出した爽快なナンバーを届け、「どうもありがとう! また会おうね!」という挨拶をもって初の「ビクターロック祭り」のステージを終えた。

ビクターロック祭り2015
2015年3月14日 幕張メッセ 国際展示場9-11ホール セットリスト

スガシカオ

01. Progress
02. 19才
03. コノユビトマレ
04. 俺たちファンクファイヤー
05. バナナの国の黄色い戦争
06. 情熱と人生の間
07. 愛について
08. モノラルセカイ

この記事の画像(全6件)

関連記事

スガシカオのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 スガシカオ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。