「ビクターロック祭り2015」レキシで開幕!レーベル愛叫んだ渾身4曲

576

ビクターエンタテインメントが主催するライブイベント「ビクターロック祭り2015」が、本日3月14日に千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホールにてスタートした。この記事ではイベントのトップバッターを務めたレキシのライブの模様をレポートする。

レキシ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

レキシ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

大きなサイズで見る(全3件)

ほら貝の音色とともに宴の舞台に先陣を切って現れたレキシ。健介さん格さん(G / 奥田健介 from NONA REEVES)、元気出せ!遣唐使(Piano, Cho / 渡和久 from 風味堂)、パーマネント奉行(B / 真船勝博 from FLOWER FLOWER)、伊藤に行くならヒロブミ(Dr / 伊藤大地 from SAKEROCK)からなるバンドメンバーを従えた彼は「レキシです! 行こう!」と短く挨拶して「年貢 for you」でライブをスタートさせる。メロウなナンバーに乗せて甘い歌声を届けると、彼は「初っ端だけどさ、みんな年貢納めたいの?」とオーディエンスの「年貢」コールを誘って会場を盛り上げた。

レキシ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

レキシ(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )[拡大]

「こんにちは、ケビン・コスナーです」という恒例の“自己紹介”を行ったレキシは、稲穂を掲げたファンをフロアに見つけ「じゃあ稲の曲やりましょうか」と「狩りから稲作へ」を続けてプレイした。彼は曲中、レキシを初見の観客へ向け「いなHO!」「高床式」から「キャッツ」へと至る、レキシのライブではおなじみの一連のポーズの指導を行う。バンドのスキルフルな演奏に乗せ、オーディエンスはレキシに導かれるがままに腕を掲げて楽しそうに体を揺らす。会場が一体となったパフォーマンスはどんどん熱を帯び、クライマックスには大きな「キャッツ!」コールが会場中に響き渡った。

およそ15分間に及んだ「狩りから稲作へ」を終えるとステージはそのまま「salt & stone」へなだれ込む。伊藤の激しいドラミングを合図にメンバーがそれぞれに熱い演奏をみせるこの曲では、レキシもエモーショナルなキーボードプレイを披露しファンを熱狂させた。

「まだちょっと時間ある? もう1曲やっていいの?」としっかり残り時間を確認して最後に演奏されたのは「きらきら武士」。「最後はやっぱり武士について考えていこう!」と呼びかけたレキシは、冒頭の歌詞を「ビクター好きー」と言い換えてレーベル愛を叫んだ。広いステージを駆け巡るレキシの自由なステージングに、観客も「武士武士武士!」のコールで応える。会場を大きく盛り上げた彼は、曲を歌い終えると「ありがとうございました!」と叫び、さっそうと舞台を後にした。

なおナタリーではこの後も「ビクターロック祭り2015」のライブレポートを随時アップしていく。

この記事の画像(全3件)

ビクターロック祭り2015
2015年3月14日 幕張メッセ 国際展示場9-11ホール セットリスト

レキシ

01. 年貢 for you
02. 狩りから稲作へ
03. salt & stone
04. きらきら武士

全文を表示

関連記事

レキシのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 レキシ / NONA REEVES / 風味堂 / FLOWER FLOWER / SAKEROCK の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。