音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「この5人のSCREWを愛してくれてありがとう」ルイ卒業で新たな道へ

103

「SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD [TOUR FINAL]」の様子。(撮影:菅沼剛弘)

「SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD [TOUR FINAL]」の様子。(撮影:菅沼剛弘)

SCREWがワンマンライブ「SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD [TOUR FINAL]」を昨日12月28日に東京・AiiA Theater Tokyoにて開催した。

アルバム「PSYCHO MONSTERS」を引っさげて9月から全国15会場16公演でワンマンツアー「SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD」を行い、その後すぐに東京・渋谷の8会場でワンマンライブ「TOUR2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD [METEMPSYCHOSIS]」を開催したSCREW。今回のAiiA Theater Tokyo公演はその一連のライブを締めくくるツアーファイナルであり、彼らにとって国内初のホールワンマンとなった。また、この日のライブをもってルイ(B)がファッションデザイナーを目指すためバンドを卒業することが発表されており、彼の勇姿を見届けるべく会場には多くのファンが詰めかけた。

この日のセットリストはアルバム「PSYCHO MONSTERS」の収録曲を中心に構成。獰猛なビートで迫り来る「evil passions」や、ヘビーなサウンドで客席にヘッドバンギングの嵐を巻き起こした「deadlock」、最後に届けられた壮大なバラード「忘れたいつかの日...」まで、ほぼノンストップで14曲が披露された。

全曲の演奏が終わると、この日をもって卒業するルイは「迷っていた自分の背中を押してくれたメンバーと事務所のみんなに感謝しています。来年からは俺もみんなと一緒で、この人たちのファンですから(笑)。5年間本当に応援ありがとうございました!」とコメント。メンバーそれぞれがルイへの感謝と今後の自分たちの意志を語る中、鋲(Vo)は「ルイくんは雪とか雨をよく降らせてくれる人でした」と、笑いを交えながら彼との思い出を振り返っていた。

ときどき涙をこらえながら鋲は「この場にふさわしい言葉をずっと考えていたけど、今までの活動と今日のライブがすべてを物語ってくれていると思うので、一言だけ。この5人のSCREWを愛してくれてありがとうございました。明日からも愛してくれるとうれしいです」と感謝の気持ちを述べた。新たな道を歩み始めるSCREWのメンバーとルイに、客席からは多くの拍手と感謝の言葉が投げかけられた。

5人体制でのラストライブを終えたSCREWは、終演後に2015年のスケジュールを続々と告知。まず2月9日には東京・高田馬場AREAで「UNREALITY AND REALITY」、4月19日には東京・池袋EDGEで「9th Anniversary Live『NEVERENDING BREATH』」と、2本のワンマンライブの開催をアナウンスした。立ち止まることなく前へ進み続けるという意志が込められたこの発表に、会場からは大きな歓声が上がっていた。

また4月22日には「昏睡」、8月には「覚醒」と題した、連作の形をとるコンセプチュアルなミニアルバムをリリース。さらにこのAiiA Theater Tokyo公演を収めたライブDVD「TOUR2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD[TOUR FINAL] AT AiiA Theater Tokyo」も後日発売が予定されている。

「SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD [TOUR FINAL]」
2014年12月28日 AiiA Theater Tokyo セットリスト

01. FUGLY
02. CAVALCADE
03. オブセッション
04. SPIRAL OF MISTRUST
05. evil passions
06. THE ETERNAL FLAME
07. Helter Skelter
08. mellow
09. Blood Sucking Freak
10. Burst Forth
11. Get You Back
12. 絶望の讃美歌
13. deadlock
14. 忘れたいつかの日...
<アンコール>
15. FREEDOM OF CHOICE -Drum solo-
16. Damned!! -Rhythm Section-
17. ムラッキーヘビーマーチ
18. Cursed Hurricane
19. Barbed wire
20. S=r&b
<ダブルアンコール>
21. Dearest Wish

音楽ナタリーをフォロー