音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

多彩なコラボで笑わせ魅せたスパゴー豊洲企画

609

SPARKS GO GO(photo by KISEKI)

SPARKS GO GO(photo by KISEKI)

SPARKS GO GOがライブイベント「TOYOSU JUNCTION 2014 ~またまたまたまた倶知安じゃないジャン~」を10月26日に東京・豊洲PITで開催した。

このイベントはSPARKS GO GOの自主イベント「JUNCTION」シリーズの2014年版。先月オープンしたばかりのライブエンタテインメント専用シアター・豊洲PITを舞台に、スパゴーのライブはもちろん、奥田民生真心ブラザーズPUFFYらゲストとの多彩なコラボ企画も行われた。

リハーサル時のトラブルにより50分押しでスタートした「TOYOSU JUNCTION」のトップバッターを飾ったのは八熊慎一(Dr / SPARKS GO GO)、奥田民生(Key)、YO-KING(Key / 真心ブラザーズ)、金澤ダイスケ(Key / フジファブリック)、オカモトショウ(Key / OKAMOTO'S)からなるテクノバンド、I.M.O。学生服姿の八熊が刻むタイトなシンセドラムをバックに奥田らキーボード隊はシンセを奏でつつ、Yellow Magic Orchestra「RYDEEN」のメロディに乗せて北海道の羊蹄山を歌う「ヨウティーン」などをボコーダー越しに熱唱する。さらに3曲目では詰め襟の学生服姿の桜井秀俊(真心ブラザーズ)を“ゲストボーカル”に迎え、イモ欽トリオ「ハイスクール・ララバイ」のカバー「ジンギスカン ラムハイ」をプレイ。以降、桜井はゴダイゴ「モンキー・マジック」と映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」のマッシュアップ「くっちゃーん」では「アナ雪」のエルサのコスプレをして「Let It Go」の替え歌を高らかに歌い上げ、電気グルーヴ「Shangri-La」のカバー「イモグリラ」では上半身に卓球のユニフォームを着込んだケンタウロス姿という“1人電気グルーヴ”状態でステージに登場し、超満員のフロアを大いに盛り上げた。

たちばな哲也(SPARKS GO GO)によるパーカッションに乗せ、ブルースベースのアコースティックギターの弾き語りでそのテクニックを見せつけたReiののちに登場したのは、ヌパータヌ ユーユー。山口美代子(Dr / DETROITSEVEN)、スコット・マーフィ(B / Scott & Rivers)、オカモトコウキ(G / OKAMOTO'S)からなるスパゴーのカバーバンドだ。彼らはチャラン・ポ・ランタンUCARY & THE VALENTINE、松山晃太(BYEE the ROUND)、秋葉正志(ザ・ビートモーターズ)、オカモトショウ(OKAMOTO'S)、そして本家たちばな哲也をゲストボーカルに招いてスパゴーナンバーの数々を披露する。

「LET'S GO」を歌ったチャラン・ポ・ランタンは直後のMCでI.M.O桜井の「Let It Go」の替え歌を熱唱して笑いを誘い、UCARYは山口のドラムをバックに「Banana Moon」をエレクトロ仕立てにアレンジ。松山が「Waking Talking」を熱く歌い上げれば、秋葉は「FREE」のパフォーマンス中、ステージに倒れ込み、フロアの歓声を煽るなど、それぞれ個性豊かなパフォーマンスを繰り広げる。そして「私、センターで歌ったことがないので」と恐縮しきりで登場しながらも「NO HUMAN」で堂に入った歌声を響かせた哲也は、「僕の親戚を呼びます」と実兄・橘あつやと、オカモトショウを招き入れ、彼らが「WILD THINGS」をプレイしたところでヌパータヌ ユーユーのステージの幕は閉じた。

続いて幕間のステージには、あつやイチオシのシンガーソングライター・フォークシンガー小象(しょうぞう)が現れる。あつや曰く「「数年前のクリスマスイブに裸電球1つを照明にライブをやっていて衝撃を受けた」という小象は、そのあつやとともに、家族ぐるみでマイケル・ジャクソンにファンレターを送るも返事をもらえなかった悲哀を歌う「マイケルへの手紙」や、海外を視野に入れて制作したという、中学1年生レベルの英語詞曲「幸せの日々」などをプレイ。フロアのシンガロングとハンドクラップと爆笑をさらってみせた。

トリはもちろんSPARKS GO GOだ。ゲーム「ゼルダの伝説」のテーマソングをオープニングSEに登場した3人は「SOMETHING WILD」をプレイするや、真心ブラザーズをステージに呼び、彼らの楽曲「空にまいあがれ」「STONE」、そしてスパゴーの「Sundy's Sunday」をプレイ。その後もさまざまなゲストとともに、ゆかりの楽曲をプレイするセッションを繰り広げる。PUFFYとは「アジアの純真」や、松田聖子のトリビュート盤で彼女たちとカバーしたという「天使のウィンク」を、もう1人のトリビュート盤参加者ABEDONを加えて披露し、そのABEDONとは彼とのユニット、ABEX GO GOの「おせわになりました」「TOY JUMP」をパフォーマンスする。さらには奥田民生(G, Vo)、松浦善博(G)と合流し、2年ぶりとなるTHE BAND HAS NO NAMEのライブを繰り広げ、自身のステージと、「TOYOSU JUNCTION2014」の本編を締めくくった。

フロアからの大アンコールに応えたスパゴーは「Sad Jungle」「Sookie Sookie」「NEW ROSE」を3連射。最後にこの日の全出演者がステージに合流すると、フロアに無数のオレンジの風船が舞い散る中、「オレンジの夜」をプレイして、彼らとともにステージをあとにした。

TOYOSU JUNCTION 2014
2014年10月26日(日)東京都 豊洲PIT セットリスト

I.M.O.

01. KITANOPOLIS
02. ヨウティーン
03. くっちゃーん
04. イモグリラ

Rei

01. BLACK BANANA
02. eutopia
03. my mama

ヌパータヌ ユーユー / ゲストボーカル

01. LET'S GO / チャラン・ポ・ランタン
02. Banana Moon / UCARY & THE VALENTINE
03. Walking Talking / 松山晃太(BYEE the ROUND
04. FREE / 秋葉正志(ザ・ビートモーターズ
05. NO HUMAN / たちばな哲也(SPARKS GO GO
06. WILD THING / オカモトショウ(OKAMOTO'S

フォークシンガー小象

01. 小象のテーマ
02. マイケルへの手紙
03. 幸せの日々

SPARKS GO GO / ゲストアーティスト

01. SOMETHING WILD
02. 空にまいあがれ / 真心ブラザーズ
03. STONE / 真心ブラザーズ
04. Sandy's Sunday / 真心ブラザーズ
05. 海へと / PUFFY
06. 天使のウィンク / PUFFY
07. アジアの純真 / PUFFY
08. SUN SET SUN / ABEDON
09. おせわになりました / ABEDON
10. TOY JUMP / ABEDON
11. Automatic Generation / THE BAND HAS NO NAME
12. マルホランド ドライブ マーケット / THE BAND HAS NO NAME
13. All Through The Night / THE BAND HAS NO NAME
<アンコール>
14. Sad Jungle
15. Sookie Sookie
16. NEW ROSE
17. オレンジの夜 / 全出演者

音楽ナタリーをフォロー