フミヤ、ラルクら名曲をプラネタリウムで堪能

964

11月7日から12月25日まで東京・銀座ソニービル8階 コミュニケーションゾーンOPUSにて、藤井フミヤがナビゲートするプログラム「サウンド・プラネタリウム 2014」が上演される。

「サウンド・プラネタリウム 2014」イメージ

「サウンド・プラネタリウム 2014」イメージ

大きなサイズで見る(全4件)

これは“月への旅”をテーマに、1000万個の星を映し出すことのできる光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-II」や4台のソニー製プロジェクターを使用して宇宙空間の広がりを感じさせるプログラム。上演中はきらめく星空の世界にあわせて選ばれたハイレゾ音源を高音質なスピーカーとアンプで再生し、神秘的なムードを演出する。

再生される楽曲は、L'Arc-en-Cielの「READY STEADY GO」、マイケル・ジャクソンの「Love Never Felt So Good」、「宇宙兄弟」のアニメおよび映画版テーマ曲となったユニコーンの「Feel So Moon」、平井堅の最新楽曲に加え、イベントのナビゲーター・藤井フミヤの最新ライブアルバム「FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT」から「Another Orion」「夜明けのブレス」の計6曲。

プログラムは月に向かう高揚感を味わう旅立ちの曲、月から地球を眺めながら聴く曲、地球に帰還する際のオーケストラ演奏によるクライマックス曲という3曲構成のストーリー仕立てで展開。イベント期間前半の11月30日までは「READY STEADY GO」「Love Never Felt So Good」「Another Orion」、12月1日以降は「Feel So Moon」、平井堅の最新楽曲、「夜明けのブレス」が使用される。

なおイベントは入場無料、入退場自由で、開館時間は11:00~19:00。約15分の映像を繰り返し上演する。

この記事の画像(全4件)

藤井フミヤのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 藤井フミヤ / L'Arc-en-Ciel / ユニコーン / 平井堅 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。