音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48柏木由紀、選抜総選挙への意気込みは“必勝祈願”

109

AKB48が本日5月29日に東京・ベルサール秋葉原にて「AKB48選抜総選挙ミュージアム」のオープニングセレモニーを行った。

「AKB48選抜総選挙ミュージアム」は過去の選抜総選挙での名シーンの写真や選挙ポスター、衣装、グループメンバー全員の意気込みが書かれた色紙などが飾られており、6月7日に東京・味の素スタジアムで開催される「AKB48 37thシングル選抜総選挙 夢の現在地~ライバルはどこだ?~」に先駆けて5月30日より開館する。

この日はメンバーを代表して高橋みなみ、柏木由紀、西野未姫、岡田奈々の4人がセレモニーに登場。まずは高橋から5月25日に岩手・岩手産業文化センターアピオで起きたAKB48の握手会での傷害事件について「先日はたくさんのご心配をおかけしました。川栄(李奈)、あんにん(入山杏奈)、そしてスタッフさん、3人の1日も早い回復を心から願っています。そしてAKB48グループとして少しずつ前を向いて歩いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします」とコメントが述べられ、4人で頭を深く下げた。

張り詰めた空気から一変、ミュージアムの話題になると高橋は「去年よりも凝ってるような気がします。1位のイスってこんなに小さかったっけ? 案外ちゃっちいね(笑)」と笑顔を見せて会場の空気を和ませる。続いて柏木も「今年で6回目……私も選挙ベテランですね(笑)」と感想を語った。

続いてミュージアムのオープンを記念したアンベール式を実施。メンバーの「AKB48選抜総選挙ミュージアム、オープン!」の掛け声とともにステージ上に設置された巨大な何かにかけられたベールがはぎ取られると、中から巨大な指原の肖像画が登場しメンバーを驚かせた。ステージ上には過去1位に輝いた前田敦子、大島優子の巨大な肖像画も並んでおり、指原の肖像画がそこに並んだ姿を見た高橋は「太田プロだ!」と彼女たちの所属事務所の名前を挙げ笑いを誘った。

次にミュージアムに展示する絵馬へのコメント書きが行われ、それぞれが総選挙への意気込みを書いていく中、柏木はなぜか「必勝祈願」とすでに絵馬の表に記載されている文字を書いてしまい「恥ずかしい、どうしよう。(後輩に向けて)こんな感じにはならないでね」と苦笑いでごまかし、この日のセレモニーを笑顔のまま終えた。

音楽ナタリーをフォロー