左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

大人の沼 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.6 前編 [バックナンバー]

ワールドワイドな演出家・振付師の仲宗根梨乃と対面(前編)

K-POPの振り付けはいかにして生み出されるか

1116

アーティスト土岐麻子が中心となり、さまざまな角度からK-POPの魅力を掘り下げていくこの連載。6回目となる今回はダンスエンタテイナーとして世界を股にかけて活躍する仲宗根梨乃がゲストとして登場する。ジャネット・ジャクソンやブリトニー・スピアーズの振付師、バックダンサーとしても活動していた仲宗根。前編では、SHINeeのデビュー曲に始まり、少女時代、東方神起、NCT 127など数多くのK-POPアーティストの振り付けやコンサート演出を彼女がいかにして手がけるようになったかを聞いていく。

インタビュー前の写真撮影では、仲宗根がさすがの体幹の強さで次々にキレのあるポーズを披露。土岐も仲宗根のエネルギッシュな指導を受け、必死についていこうとするのだが……。

取材 / 土岐麻子 / 岸野恵加 撮影 / 森好弘

次々にポーズを繰り出す仲宗根梨乃(右)。

次々にポーズを繰り出す仲宗根梨乃(右)。

細かく角度などの指導を受ける土岐麻子(右)。

細かく角度などの指導を受ける土岐麻子(右)。

仲宗根の勢いに圧倒される土岐麻子(右)。

仲宗根の勢いに圧倒される土岐麻子(右)。

マイケルになりたくて迷わず渡米

土岐麻子 (写真撮影を終えて)いやーもう、梨乃さん、さすがのパワフルさと瞬発力ですね……。私、全然ポーズとれなくて、愕然としました。

仲宗根梨乃 あはははは(笑)。かわいかったですよ!

土岐 私はバレエをずっとやってたんですけど、だからなのか、振り付けがないと動けないんですよ。さっき梨乃さんがやってくれたみたいに「もっとこう!」って指導してもらえたらできるんですけど、体育の授業でも「自由に動いてごらん」って言われるとどうしていいかわからなくなっちゃうタイプで。だから自由に表現できる梨乃さんみたいな方は本当にすごく眩しくて、いいなあって。ダンスに関しては素人なので全然知識はないんですけど、梨乃さんの振り付けは独創的な感じがして素敵だなと思っていたので、今回お話したいなと思ったんです。

土岐麻子

土岐麻子

仲宗根 もう私は全部「ちゃんぷるー」(沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」の意)してるだけ。自分が好きなマイケル・ジャクソンはもちろん、アメリカでダンスを学ぶうちに「これいいな」って思ったものはなんでも取り入れて、自分なりのアレンジを加えてきたんです。だから自分のオリジナルとは思ってないんですよね。周りからお借りして、それをちゃんぷるーしている。

土岐 「ちゃんぷるー」いい表現ですね。ダンスを始めたのは、マイケルがきっかけだったんですか?

仲宗根 そう。もう、マイケルになりたかっただけなんです(笑)。小5で大ファンになって、中2のとき福岡ドームでマイケルのライブを観て人生が変わりました。そのとき「アメリカに絶対行く!」って決めたんです。

土岐 じゃあそれまではダンスを習ったりということもなく?

仲宗根 ダンスアカデミーっていう教室に通ってみたこともあったんですけど、なんか違和感があって……。「なんか違うなこれ。そうか、マイケルじゃないな……」って(笑)。好き嫌いが本当にハッキリしてるんです。だから家でずっと、マイケルやジャネット(・ジャクソン)の真似をしてました。ミュージックビデオを何回も巻き戻してね。

土岐 へえー!

仲宗根 なので基礎もないし、体も硬い(笑)。英語だから何を言ってるかはわからないんだけど、マイケルの曲を1個1個アルファベットを書き出して毎日ひたすら歌って。その過程が自然と英語の勉強にもなってましたね。それで16歳のときに1回短期留学して、19歳で本格的に渡米しました。

土岐 不安とかはなかったですか?

仲宗根 行かないほうが不安だなと思ってた。もう楽しみしかなかったですね。

土岐 すごい(笑)。「やってみたいな」と思っても、細かい不安がどうしてもあって、それに絡めとられて行動を起こせない人もたくさんいますから。

仲宗根 行動力の高さと速さには自信がありますね。ただただSelfishで、周りに迷惑かけてる子供だったと思いますけど(笑)。

仲宗根梨乃

仲宗根梨乃

土岐 でもその行動力で、アメリカでダンスを学んで、やがて教える側になって、ブリトニー(・スピアーズ)のバックダンサーやジャネットの振付師になったんですもんね。本当にすごいです。

仲宗根 ジャネットのバックダンサーオーディション用の振り付けを担当したんですけど、審査内で私が昔の振り付けを披露する機会があって。私はいつもジャネット役で練習していたので、バックダンサー用の振りではなく、本当はジャネット役で踊りたかったです。ご本人が目の前にいらしてましたけど(笑)。

土岐 (笑)。

仲宗根 ブリトニーの後ろで踊ったときも、やっぱり踊りながらブリトニーになりきって歌っちゃうもんで、演出家の方に「歌うな」って怒られてましたね(笑)。

「もっと自由でいていい」を表現したMVが2人の接点

土岐 そもそも私たちの接点としては、2017年にリリースした私の楽曲「STRIPE」のミュージックビデオに梨乃さんに出演していただいたということがあって。撮影に立ち会いたかったのですが、私が体調を崩してしまい行けなかったんですよね。完成した映像を観たら本当に素晴らしくて。お会いできなかったのが本当に悔しかったので、今日はあのときのお礼も伝えたかったんです。

仲宗根 いえいえ、とんでもない。私こそありがとうございました!

土岐 あの曲ではいろんな女性の輝いている瞬間を1つの映像にしたかったんです。梨乃さんには躍動感がある生き生きとした女性を演じてもらいたいなと思っていたんですが、何気なく歩いてもらったり、ジャンプしてもらったり、本当にイメージにぴったりで。すごくうれしかったんです。

仲宗根 いいコンセプトだなあと思ったし、出させていただいてありがたかったです。日本っていい意味ですごく礼儀正しいカルチャーがあるけど、もっと素直にプライドだったり喜びだったりを表現していいんじゃないかなって普段から感じてて。つい最近も国際女性デー(3月8日)がありましたけど、もっと女性はぶっ飛んでいていいはずなんです。女性に限らず、みんなそうですけど、もっと自由でいていい。そういったことをあのMVの中で表現させてもらえたのはうれしかったです。

土岐 あの頃からどんどん、ジェンダーに関することが私の中でアップデートされていて。あのときは女性というジェンダーを主役にしましたが、今はさらに広げたものを作りたいです。あらゆる人たちの自由なファッション表現や、もっと個人個人の、自分を閉じ込めちゃっている檻からの解放を描きたいな、とか。

仲宗根 That's right. That's right.

土岐 K-POPのグループも最近そういったテーマを曲で表現する人たちが多くて、そういうところからもすごく元気をもらってますね。

仲宗根 エンタメの魅力は自由さ。メッセージ性だったり、人種や年齢、性別を超えて1つになれることですから。

K-POPはいい人材を全世界から探している

土岐 梨乃さんはどういった経緯でK-POPの振り付けを手がけることになったんですか?

仲宗根 私がアメリカでダンスのワークショップをやってる様子を、誰かが勝手にYouTubeに上げていたみたいなんですね。それを観たSMエンタテインメントの方が連絡をくれたのが最初でした。

土岐 勝手に?(笑)

仲宗根 そう、許可なしで(笑)。そこからすべてが動いてSHINeeのデビュー曲の振り付けを担当することになったので、結果的にはよかったんですけどね。10年以上前、YouTubeもまだまだ浸透してない時代ですよ。

土岐 そういうところで振付師さんを発掘しているっていうことがまず驚きですよね。

仲宗根 だからKoreaってすごいんですよ。振付師に限らず、作曲家や、スカウトするアイドルについてもなんですけど、とにかくいい人を探し続けている。経歴、場所、年齢、どれも関係なくて、いいものであればいい。一緒に働ける人を見つけるアンテナが全世界に向いていることをずっと感じてますね。

仲宗根梨乃

仲宗根梨乃

土岐 最初はK-POPの知識は全然なかったんですよね? それでもオファーを受けて迷わず韓国へ行ったんですか?

仲宗根 「Yeah! 韓国で仕事できる! Lucky!」みたいな軽い感じでした(笑)。全然何も深く考えてない。その頃は振付師としての経験がまだなかったので、ありがたいなという思いしかなかったですね。

土岐 なるほど(笑)。振り付けがどんなプロセスを経てできあがるのかにすごく興味があって、そこを詳しくお聞きしてみたいです。だいたいどのくらいの時間をかけて完成させるものなんですか?

仲宗根 仕事の内容によりますけど、現地に滞在する場合でも基本1週間もいないですね。アーティストに教えるのも、振りのビデオだけ送る場合もあれば、先にビデオを送ってあとから私が直接教えて仕上げるっていうパターンもあったり。

土岐 実際に踊る本人たちと話をしながらじゃないとなかなか振りを教えづらそうだなと思っちゃいますけど、対面できない場合もあるんですね。

仲宗根 そうですね。もちろん直接のほうがスタイルのニュアンスやバイブス、細かい部分を指導することができるのでベストですが、今は向こうのダンスチームの力もあり、ビデオだけでも本人たちは完璧に仕上げてきますね。あと、私と本人たちとの関係性が深まってからは次第に、作りながらこちらから提案することも増えて。事務所の方も本当に真剣なので、常にみんなで話し合いながら作ってます。

土岐 振り付けを考えるときは、曲の歌詞やテーマに寄り添って考えていくんですか?

仲宗根 歌詞がまだないデモ段階で振りを作ることも多いんですよ。だからたまに、私の振り付けを受けて曲の衣装にワンポイント入れるとか、奇跡的に歌詞とマッチングすることとかもありますね。

土岐 おお! なるほど、面白い。その振り付けが映える衣装にする場合もあるということですね。

仲宗根 そういうときもあれば、歌詞まできっちり固まったものをいただくこともあるし、本当にケースバイケースですね。

土岐 私が曲を作るときも、曲が先だったり詞が先だったり、はたまたどちらもふんわりとしたまま影響しあって形になっていくこともあったりだけど、そこにさらにダンスという要素が加わって、すべての要素が刺激し合いながら作品ができていくのはすごく面白いでしょうね。ものすごくクリエイティブな現場。

仲宗根 私も楽しいです。特にSMさんは、すべてに真剣に向き合っていいものを作ろうという姿勢を毎回感じますね。

次のページ
少女時代で鍛えられた、大人数フォーメーション

土岐麻子のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 土岐麻子 / 仲宗根梨乃 / SHINee / NCT 127 / 少女時代 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。