左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

土岐麻子の「大人の沼」 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.6 後編 [バックナンバー]

ワールドワイドな演出家・振付師の仲宗根梨乃と対面(後編)

アートを追求する姿勢

728

アーティスト土岐麻子が中心となり、さまざまな角度からK-POPの魅力を掘り下げていくこの連載。6回目となる今回はダンスエンターテイナーとして世界を股にかけて活躍する仲宗根梨乃がゲストとして登場している。前編に続いて後編では、仲宗根がトレーナーとして出演している「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の話題に始まり、ステージ上での心構えや、2人が考えるK-POPの魅力についてなどのトークが展開されていく。

取材 / 土岐麻子 / 岸野恵加 撮影 / 森好弘

練習生たちに「BE YOURSELF!」

左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

土岐麻子 4月からオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」にトレーナーとして出演されるんですよね(取材は3月中旬)。公開されていたリアクション動画、観ましたよ。とにかく練習生の方たちを「Good!」って褒めていらっしゃるのが印象的で。

仲宗根梨乃 私はやっぱりそれぞれの個性を引き出したいんです。前編でも話に出ましたけど、日本人は自分を押さえ込んでまでも相手をおもんぱかるカルチャーがあるじゃないですか。そんなものはアートをやるとなったときに邪魔だなって思うんですよ。アーティストはみんないい子なんですけど、アートが濁るのはよくない。なので練習生にも、厳しいときはめっちゃ厳しいですよ(笑)。すべて優しくポジティブにやろうと思っているわけではなくて、目の前にいる人にそのとき必要なことを言ってます。

土岐 その瞬間瞬間で必要なことを感覚的に伝えてらっしゃるんですね。

仲宗根 そう、感覚。振り付けでフォーメーションを考えるときだけは論理的思考を使うから、白髪が増える(笑)。

土岐 (笑)。ダンスって踊るほうも観るほうも感覚的ですもんね。歌は言葉があるからストーリーみたいなものが少しあるかもしれないけど。

仲宗根 もちろん基礎がないといけないのは最低条件なんですけど、練習生たちにはもっと自由になってほしい、「BE YOURSELF!」でいてほしいなと思います。。20代以上の子は考え込んじゃうことも多いんですけど、10代の練習生の子たちはとにかくピュア。なんなら私のHelpなんかいらないんじゃ?くらい吸収していきますから、新鮮ですね。国民プロデューサーの皆さんにもプレッシャーをかけたいですよ。「皆さんが世界に通用するメンバーを選ぶんですからね。信頼してますよ」と。

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」GYAO!にて毎週木曜21:00よりレギュラー配信中。

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」GYAO!にて毎週木曜21:00よりレギュラー配信中。

土岐 プレッシャー(笑)。オンエアがすごく楽しみです。梨乃さんのこのパワーが電波に乗ったら、ファンがまた増えるでしょうね。

仲宗根 どうかな? 私けっこうクレイジーですよ。練習生たちにもずっと「不良になれ!」とか言っちゃってるし(笑)。

左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

左から仲宗根梨乃、土岐麻子。

緊張してしまうときは、過去や未来に縛られている

土岐 個人的に聞いてみたいなと思っていたことなんですけど、私、長年ステージに上がっていても、いまだに怖いときがあるんです。K-POPのステージを観ているともう毎回すごく安心して観られるくらいみんなレベルが高いんだけど、彼らもやっぱり私と同じようにステージに上がるのが怖いこととかもあるんだろうなって。そういうことについてメンバーに声をかけることもありますか?

仲宗根 もちろん、もちろん。常にいいものを作りたいとお互いに思っているから、こまめに言葉をかけてます。それこそNCT 127の「NEO CITY」のときは初めてのツアーだから、最初めっちゃ緊張している子もいましたし。でも彼らはコンサートが始まる前にかけた言葉も終演後に伝えたアドバイスも、しっかり受け止めてちゃんと直そうとしてくれていましたね。

土岐 なるほど。ちなみに梨乃さんは、ステージに上がるときに気持ちをどうやって持って行きますか?

仲宗根 私も緊張するときはありますよ。でもそういうときはまず、初心に帰ってすべてに感謝します。ステージに立てるのは私1人だけの力ではない、って。私はアートの神がいると思っているので。あと、ファンって絶対に温かく受け止めてくれると思うんですよ。だからありのままでいいんじゃないかなって思います。

土岐麻子

土岐麻子

土岐 うーん。でもどうしても怖くなっちゃうのってなんなんでしょうね。自分に厳しくなっちゃってるってことなのかな。

仲宗根 もちろんそうでしょうね。呼吸を整えるのは大事ですよ。マインドフルネスって聞いたことありますか?

土岐 聞いたことはあるけど、やったことはないです。

仲宗根 簡単ですよ。5分から10分、呼吸に集中するだけ。あとは、そのときに自分が五感で感じていることを口に出して言ってみる。例えば、今私は座っていて、黒い椅子が目の前にあって、履いているスカートの布の素材を感じていて……そんなふうに口に出すだけで「今」に集中できて、ちょっと楽になる。人間ってやっぱり、過去や未来にいるときに不安になるんです。だから常に今を生きることが大事じゃないですかね。コンサートの楽しいところって、今を生きているというところだと思うんですよ。

土岐 なるほど……。確かに緊張しちゃうときって、「これから起こるライブで失敗しちゃったらどうしよう」「練習量が足りなかったらどうしよう」とか考えてるけど、それは過去や未来に縛られてるってことなんですね。

仲宗根 そう。もう、ある程度やってきたら「あとはどうにでもなれ」「なんくるないさー」ですよ。このコロナ禍ですし、私たち、生きてるだけで奇跡ですから。命のありがたさや、自然を大切にしていく心構えをちゃんと全員がリセットしないといけないと思います。

土岐 本当にそうですね。私、一時期持病でひどい頭痛があって。本番までに薬を飲んで治すんだけど、本番の15分前にスッとなくなったことがあって、そのときのライブはまったく緊張しなかったんですよ。「元気があればなんでもできる」じゃないですけど(笑)、そのことをふと思い出しました。

仲宗根梨乃

仲宗根梨乃

仲宗根 本当に、いらない固定観念はどんどん外していくのがいいと思います。頭痛は自分の中をコントロールできていないときに起こる場合があるんですよ。体って全部つながってるんですよね。体はマインドに影響するし、マインドも体に影響する。

土岐 もうそれをすごく実感してます……。20年くらいずっと運動してこなかったので、最近は立ってるだけでつらい(笑)。

仲宗根 まずは骨を正しい位置に戻すことですね。いいヨガの先生を知ってるので、今後土岐さんにご紹介しますよ!

土岐 わあ、ぜひお願いしたいです!

仲宗根 私も3カ月続けて痛みがやっとなくなってきたんです。私は今はもう裏方ばかりで、自分で踊ることをしなくなっちゃっているので、体にかなりガタがきてて。基礎がなってないしクセのある振りばっかりやってきたから、外の筋肉しか使ってなくて、だんだんズレてきてるみたいなんですよ。だからヨガの先生にだいぶ助けられてますね。

次のページ
アートを追求する姿勢が素晴らしい

土岐麻子のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 土岐麻子 / 仲宗根梨乃 / SuperM / TREASURE / NCT 127 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。