never young beach

退屈な自粛タイムを楽しむプレイリスト Vol.39 [バックナンバー]

安部勇磨(never young beach)編

「音楽はちゃんと聴いてもいいし、ちゃんと聴かなくてもいい」

420

日本政府により発令された新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言は、5月25日をもって全面解除されたが、密閉、密集、密接の“3密”回避など今後も慎重な行動が求められる。音楽ナタリーでは“自粛”を余儀なくされる中、家で音楽を楽しむためのプレイリスト企画を5月末まで展開中。さまざまなアーティストの選曲によるプレイリストを随時掲載している。今回は安部勇磨(never young beach)が選曲した6曲とメッセージを紹介する。

「Stay Home」PLAYLIST by 安部勇磨(never young beach)

01. Scenescof / デヴェンドラ・バンハート
02. Atomic Bomb / Hot Chip, William Onyeabor
03. So We Won't Forget / Khruangbin
04. Peperomia Seedling / Green-House
05. Climbing Up / クール・マリタイム
06. Nobody / マック・デマルコ

音楽ファンへのメッセージ

最近よく聴いている音楽です。音楽はちゃんと聴いてもいいし、ちゃんと聴かなくてもいいからいいですね。
力を入れてみたり、抜いてみたり。適当に。
何がいいかわからなかったのに急に好きになったり。距離感がほどよくて気持ちがいい。楽ちんでいいですね。

安部勇磨(never young beach)

1990年生まれ、東京都出身。never young beachのボーカル兼ギター。2015年5月に1stアルバム「YASHINOKI HOUSE」を発表し、7月には「FUJI ROCK FESTIVAL '15」に初出演した。2017年7月にSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューアルバム「A GOOD TIME」を発表。2020年5月に劇場版アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」の主題歌をシングルとアナログでリリースした。

バックナンバー

never young beachのほかの記事

リンク