スギム(クリトリック・リス)

退屈な自粛タイムを楽しむプレイリスト Vol.27 [バックナンバー]

クリトリック・リス編

「先の事を考えるだけでなく、過去を振り返ったりしてます」

168

さる4月7日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が日本政府より発令された。これを受け音楽ナタリーでは、“自粛”を余儀なくされる中、家で音楽を楽しむためのプレイリスト企画を展開中。さまざまなアーティストの選曲によるプレイリストを随時掲載していく。今回はクリトリック・リスが選んだ10曲をメッセージと共に紹介する。

「Stay Home」PLAYLIST by クリトリック・リス

01. All The Love / The Outfield
02. Space Age Love Song / A Flock Of Seagulls
03. Missing You / ジョン・ウェイト
04. All I Need Is A Miracle / Mike & The Mechanics
05. In My Dreams / REO Speedwagon
06. Life In A Northern Town / The Dream Academy
07. Days Are Numbers(The Traveller) / The Alan Parsons Project
08. In A Big Country / Big Country
09. Electric Blue / Icehouse
10. Rough Boy / ZZ Top

音楽ファンへのメッセージ

ずっと家に居て時間があるので、先の事を考えるだけでなく、
過去を振り返ったりしてます。
中学時代は部活に明け暮れてました。
高校に入ったら全然勉強しなくなって遊び回ってた。
1980年代の曲を聴くと、そんな当時を思い出します。
金曜の深夜に洋楽のMVを流す「SONY MUSIC TV」という番組が放送されてました。
家にまだビデオが無かったから、眠いのを我慢して毎週観てました。
お目当てじゃないアーティストの時は、他のチャンネルでやってる、
ちょっとエロい映画に変えるんです。コタツの中でモゾモゾしてたら、
親に見つかって「寝ろ!」と怒られたなあ。
テーマは「80年代にヒットしたけど、今はあんまり注目されてない曲」です。
泣きながら選曲しました。

クリトリック・リス

現在50歳の男性、スギムによるソロユニット。パンツ一丁で日常の悲しみや不条理を熱唱するパフォーマンスでライブハウスを中心に話題を呼んでいる。2019年4月には自身の生誕50周年を記念したワンマンライブを東京・日比谷野外大音楽堂で実施。2020年11月1日には大阪・大阪城音楽堂で主催音楽フェス「栗フェス2020」を開催する。

バックナンバー

リンク