音楽ナタリー

「この5人なら大丈夫」Juice=Juice涙のメジャーデビュー

279

Juice=Juiceが本日9月11日にメジャーデビュー曲「ロマンスの途中 / 私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT) / 五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)」をリリース。それを記念して東京・池袋サンシャインシティ噴水広場でミニライブを行った。

ハロー!プロジェクトのハロプロ研修生らによって今年2月に結成されたJuice=Juice。6月にメジャーデビューすることを発表した記念すべき場所でのイベントということで、会場には早朝から大勢のファンが集結し彼女たちの門出を祝った。

ライブでは足を負傷中の宮本佳林がステージ中央で椅子に座りながらの歌唱となったが、彼女の分までほかのメンバーが全力でパフォーマンスを展開。「私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT)」からライブをスタートさせると「五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)」を続けて熱唱し大勢のファンを熱狂させた。

その後メンバー1人ずつがデビューの感想を語り出す。植村あかりは「メジャーデビューを早くしたいって思ってたんですけど、いざこの日が来たら表現できない不思議な気持ちになってます。すごいうれしいことだなって思うし人生で1回しかない貴重な経験なので、今日のこの時間を大切にしたいと思います」とコメント。続いて高木紗友希は「私たちは5人組のグループでオリンピックも5つの輪じゃないですか。だからオリンピックと同じくらい注目されるグループを目指します!」と力強く宣言した。そして宮本は「足を怪我してしまったことが本当に悔しいです。本当はみんなと一緒に踊って素敵なメジャーデビューだねって言ってほしかった。でもほかのメンバーが一生懸命私をサポートしてくれて、立ち位置とかフォーメーションも毎回考えてくれてます。本当に感謝しています。だから足をしっかり治してみんなとさらなる大きい夢に向かっていきたいと思います」と涙ながらに語った。

サブリーダーの金澤朋子は「ここでメジャーデビューの発表があって、リーダーとサブリーダーの発表もありました。正直重いなって思ったんですけど、サブリーダーになって自分の中でも意識が変わったし、いろんな方の協力があってここまでくることができました。私たちがここまでがんばってこれたのは皆さんのおかげです。メジャーデビューしたからといって気を抜かずに今よりもっともっとがんばっていきたいと思います」と語り、さらに足を負傷中にもかかわらずメンバーのことを気遣う宮本に対しても感謝の気持ちを伝えた。最後はリーダーの宮崎由加から「あの、私リーダーなんですよ……」と控えめな発言があったかと思うと、宮崎は昨晩書いたというメンバーに宛てた手紙をサプライズで読み上げた。

宮崎は手紙の序盤で今日までのことを振り返る。「今日はメジャーデビュー記念日だね。この手紙を書いている今はまだ実感が沸いてないです。2月に結成されてお互いのことを知らない関係でのスタートだったね。今日まで1日1日が本当に濃くて正直辛いことのほうが多かったんですけど、みんなと一緒だったから乗り越えられました。本当にこのメンバーでよかったなって思いました」と宮崎はメンバーに感謝の気持ちを伝えた。

そして1人ずつに自分の気持ちを伝え始める。まずは金澤へ「初めて会ったときは大人っぽいなって思いました。ともの凛とした顔も好きだけどクシャっとした笑顔も好きだよ。リーダーの私がこんなだからもっと気楽でいいよって言いたいけど、もう少しだけ頼らせてください」と告白。続けて高木には「いつも堂々としていてパフォーマンスもカッコよくてうらやましいなって思ってます。不安そうにしている紗友希ちゃんを見たことがないんですけど、本当はそういうこともあるよね。そこを見せないようにしている紗友希ちゃんはカッコいいけど私たちには見せてほしいです。アドバイスとか苦手だけど私にできることがあれば頼ってほしいです」と正直な思いを伝えた。

そして宮本には「プロとしての意識が人一倍高くて尊敬してます。でもまだ中学3年生だよ? 甘えたいときは甘えていいんだよ? 今は足を怪我しちゃって誰よりも辛いと思います。だから私たちにできることがあったら言ってね。辛いときはみんなで支えるよ」と語りかけ、最後は植村に「大人っぽい顔立ちだけどとっても甘えん坊な性格。あーりーが甘えてきたときに逃げることもあるけど、本当はうれしいです。中学3年生だし勉強も大変だと思うけどそれをやりこなしているあーりーは意外としっかりしているのかなって思ってます。寂しいときはちょっとだけ甘えていいよ」と微笑みかけた。

宮崎の手紙にメンバー全員が涙を流し会場は感動に包まれる。そして宮崎は手紙の最後で「Juice=Juiceがこのメンバーで本当によかったです。5人ともみんな大好きです。これからいろんなことが待っていると思うけど5人なら大丈夫だよね? 私たちは今日から本当のスタート。たくさんの夢を叶えていきたいと思います。Juice=Juiceにかかわる方々をファミリーと呼ばせてください。私たちと一緒にもっともっと上を目指して一緒に着いてきてくれますか? 私たちも一生懸命がんばります。これからもよろしくお願いします!」と決意の気持ちを述べた。

そしてハロプロ研修生の金子りえ、田辺奈菜美、浜浦彩乃、室田瑞希の4名とともに「天まで登れ!」を披露。最後はメジャーデビュー曲「ロマンスの途中」を熱唱し、大歓声に包まれながらイベントを終えた。

イベント終了後の囲み取材で今後の目標を尋ねられると、金澤は「レコード大賞の最優秀新人賞を目指してます!」と宣言。高木は「海外で活躍できるグループになりたい。東京でのオリンピックが7年後に開催することが決まりましたけど開会式で歌えるくらいこれからがんばっていきたいと思います」と大きな夢を語った。

※記事初出時、本文中に一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー