音楽ナタリー

矢野顕子×YUKI、共作曲「バナナが好き」や津軽&函館弁「リンゴの唄」披露

1219

「J-WAVE SPECIAL LIVE 矢野顕子 40th Anniversary ふたりでジャンボリー」東京・Zepp DiverCity TOKYO公演の様子。(Photo by TSUKASA MIYOSHI [Showcase])

「J-WAVE SPECIAL LIVE 矢野顕子 40th Anniversary ふたりでジャンボリー」東京・Zepp DiverCity TOKYO公演の様子。(Photo by TSUKASA MIYOSHI [Showcase])

矢野顕子のソロデビュー40周年を記念したライブシリーズ「ふたりでジャンボリー」の特別編が12月2日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催され、ゲストとしてYUKIが出演した。

「ふたりでジャンボリー」にはこれまで石川さゆり、清水ミチコ、奥田民生、森山良子、大貫妙子、糸井重里らが登場。それぞれ特別なコラボパフォーマンスでファンを喜ばせてきた。矢野は1990年代にエピックレコードジャパンに所属し、YUKIがかつて組んでいたバンドJUDY AND MARYも1993年に同レーベルからデビュー。当時両者はレーベルメイトだった。また矢野が2006年に発表したセルフカバーアルバム「はじめてのやのあきこ」の収録曲「ごはんができたよ」にはYUKIが参加している。

ライブではまず矢野がグリーンのミディ丈ドレス姿で登場。ステージ中央に置かれたスタインウェイのグランドピアノの前に座ると、コミカルな「BAKABON」でライブをスタートさせ、場内の空気を緩ませる。そして矢野が次の曲に移ろうとすると、空調の風によって譜面がピアノから落ちてしまう。彼女は即興で「この風はどこからー?」とピアノに乗せて歌い、観客を笑わせる。矢野はその後「ごはんとおかず」「こんなところにいてはいけない」などを届け、緩急のあるピアノ演奏と伸びやかな歌声を聴かせていく。「YUKIさんの歌詞はすごい!」と感心して歌唱したYUKIの「汽車に乗って」も矢野節の効いた大胆なアレンジで届け、場内のYUKIファンを驚かせた。

「YUKIさんです!」という矢野の紹介から登場したYUKIは、ピンクのグラデーションが鮮やかなボリュームのあるドレスにピンヒール姿で現れた。少女のように可愛らしい声を上げながら挨拶した2人が最初に披露したのは「リンゴの唄」。YUKIは修学旅行で矢野の出身地でもある青森県に行った際、バスガイドが歌っていたという津軽弁のバージョンで1番を歌い上げる。一方2番では自身の出身地である函館弁のスペシャルバージョンで歌唱。北国出身の2人はお国言葉で会話を繰り広げ、場内を和ませていた。

YUKIは姉が持っていた矢野のアルバム「JAPANESE GIRL」をよく聴いていたため、矢野のカバーバージョンで覚えてしまったという藤山一郎の「丘を越えて」や、JUDY AND MARYでデビューする頃に聴いていたという「SUPER FOLK SONG」を矢野と共に届けていく。さらにこの日のために2人が共作した「バナナが好き」が披露されるというスペシャルな場面も。彼女たちの手元にはバナナが用意され、YUKIが頭に乗せてみると矢野もマネして「こういうグッズを作ればよかった。“YUKI”と書けば売れるんじゃない?」と述べる。これにYUKIは「誰も買いませんよ」と笑っていた。

この曲を作るにあたり、矢野に「いつも自分の作品では曲をもらって歌詞を付ける」と話したというYUKIだったが、これに対して矢野は「じゃあ逆をやりましょう」と即決。YUKIは矢野から歌詞をもらい、苦労しながらも10日間で曲を完成させた。「バナナが好き」の演奏前、ステージにはYUKIが2001年にCharaや女優の伊藤歩らと組んだバンドMean Machineで使用したドラムセットが登場。矢野がピアノ、YUKIがドラムを演奏し同曲を歌い上げていく。緊張しながらも楽曲を演奏しきったYUKIは、ドラムスティックを握ったまま両手を挙げて「やった!」と笑顔を見せた。

演奏後、2人は「『バナナが好き』を誰かにカバーしてほしい」といった願望を話したり、アメリカ・ニューヨークの矢野宅にYUKIが訪れた際のエピソードを振り返ったりと、リラックスモードで話を進めていく。ライブ終盤では矢野のピアノに乗せて、YUKIが自身の楽曲「tonight」を歌唱してファンを魅了した。「もっと話したい」「またやりたい」と時間を惜しむ2人が最後に披露したのはコラボバージョンの「ごはんができたよ」。2人のコーラスワークが場内に響いていた。

矢野とYUKIはファンのアンコールに応えて再登場。矢野が「40年やってると、こういういいこともある」と笑顔を見せて、YUKIの代表曲「JOY」を歌い始めると客席からは大歓声が起こる。矢野のリズムカルなピアノとYUKIの澄んだ歌声が心地よく広がっていった。演奏後の2人がステージ中央に並んだ際には、感激で顔を覆うYUKIの姿も。そんなYUKIを矢野が優しくハグしたのち、2人は手をつないで頭を下げ、笑顔でステージを降りた。

なおこの公演の模様は、1月1日(日・祝)22:00からJ-WAVEにて、「J-WAVE SELECTION Akiko Yano The 40th Anniversary Live with YUKI」と題して放送される。

「J-WAVE SPECIAL LIVE 矢野顕子 40th Anniversary ふたりでジャンボリー」2016年12月2日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

矢野顕子ピアノ弾き語り

01. BAKABON
02. 椰子の実
03. ごはんとおかず
04. こんなところにいてはいけない
05. 汽車に乗って

矢野顕子 with YUKI

06. リンゴの唄(津軽弁・函館弁ver.)~丘を越えて
07. SUPER FOLK SONG
08. おかあさん
09. バナナが好き
10. tonight
11. ごはんができたよ
<アンコール>
12. JOY

J-WAVE「J-WAVE SELECTION Akiko Yano The 40th Anniversary Live with YUKI」

2017年1月1日(日・祝)22:00~22:54
<出演者>
ナビゲーター:横山エリカ

音楽ナタリーをフォロー