音楽ナタリー

宇多田、林檎、aiko、ayu“奇跡の98年組”を読み解く1冊

1784

映画 / 音楽ジャーナリストの宇野維正による初の著書「1998年の宇多田ヒカル」が明日1月16日に発売される。

雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」「CUT」「MUSICA」などの編集部を経て、現在はWebサイト「リアルサウンド映画部」で主筆を務める著書。この本では、統計史上もっともCDが売れた年である1998年にデビューした、宇多田ヒカル、椎名林檎aiko浜崎あゆみという4人の女性アーティストに焦点が当てられる。偉大な才能がそろって出現した年の音楽シーンと、4人それぞれの歩みや関係性を「革新・逆襲・天才・孤独」をキーワードに読み解く。

また出版記念イベントとして、宇野と吉田豪による「“最強の歌姫”は誰だ!?」と題したトークショーが1月22日に東京・la kaguで行われる。

「1998年の宇多田ヒカル」目次

第一章 奇跡の1998年組
第二章 1998年に本当は何が起こっていたのか?
第三章 1998年の宇多田ヒカル
第四章 椎名林檎の逆襲
第五章 最も天才なのはaikoかもしれない
第六章 浜崎あゆみは負けない
第七章 2016年の宇多田ヒカル

吉田豪×宇野維正「“最強の歌姫”は誰だ!?」

2016年1月22日(金)東京都 la kagu

※記事初出時、イベント開催日の記載に誤りがありました。「2015年1月22日」と記載しておりましたが、正しくは「2016年1月22日」です。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】