音楽ナタリー

超特急の“敵”はDISH//が討つ!? To-iとRYUJIが鈴木拓番組に登場

2661

左からTo-i、鈴木拓、RYUJI。

左からTo-i、鈴木拓、RYUJI。

DISH//のTo-iとRYUJIがテレ朝チャンネル1のバラエティ番組「○○万円あったら××できるでしょ? ~イケメン大図鑑 監修 鈴木拓~」に出演する。

この番組はドランクドラゴンの鈴木拓が、毎回登場する“イケメンゲスト”のおもてなしを受けるプログラム。ゲストが予算内で組み立てたおもてなしプランを鈴木が採点し、辛口の評価を下していく。DISH//の2人は2月7日(日)と2月21日(日)の放送に登場する。

このほどこの番組の撮影が都内で行われた。撮影当日、To-iとRYUJIが撮影への参加を拒否していると聞いた鈴木は、2人の所属事務所を訪問。会議室に立てこもる彼らを説得して話を聞くと、To-iとRYUJIは同じEBiDANの超特急メンバーが以前番組に出演した際の放送を観たことを出演拒否の理由として挙げた。

番組の中で、超特急のコーイチ、リョウガ、ユースケに対して鈴木が幾度となく毒舌を浴びせていたことに触れたTo-iは「彼らめちゃくちゃ面白くしようとがんばって、おもてなししてたじゃないですか。鈴木さんが『それの何が面白いの?』って言ってるの、すごい怖かったです」と怯えながら口にした。鈴木が「超特急と一緒に遊んだりするの?」と聞くとTo-iは頷き「この間ユースケに番組のこと聞いたら『鈴木さん怖いよ。でも(移動の)バスに乗ったら優しい』って言ってました」と返し、鈴木は「それはそれで恥ずかしいよ!」とツッコミを入れる。To-iとRYUJIは「僕らには面白さを求めないでください」と訴え、面白さを求めなければ番組に参加すると鈴木に交渉。鈴木は苦い顔で2人の要求を飲み、おもてなしを受けることになった。

番組スタッフから費用の1万円を預かったTo-iとRYUJIは会議室を出ると、鈴木と一緒におもてなしスポットへと繰り出す。しかし、2人がエスコートしたのは鈴木にとって見覚えのある場所。放送では、それぞれのスポットでのやりとりに加え、To-iとRYUJIが鈴木へのおもてなしに込めた真意が明かされる。

テレ朝チャンネル1「○○万円あったら××できるでしょ? ~イケメン大図鑑 監修 鈴木拓~」

前編
2016年2月7日(日)21:00~21:30
後編
2016年2月21日(日)21:00~21:30
※ともに初回放送
<出演者>
鈴木拓(ドランクドラゴン) / To-i、RYUJI(DISH//)

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】