音楽ナタリー

セカオワ、映画「進撃」W主題歌で英米プロデューサーとタッグ

24151

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」キービジュアル  (c)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (c)諫山創 / 講談社

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」キービジュアル (c)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (c)諫山創 / 講談社

SEKAI NO OWARIが、この夏全国公開される映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の主題歌を担当することが明らかになった。

8月1日より前編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」、9月19日より後編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」と、2部作で連続上映される映画「進撃の巨人」。SEKAI NO OWARIは前後編ともに主題歌を歌う。

映画前編の主題歌「ANTI-HERO」(読み:アンタイヒーロー)は、アメリカでGorillazやKasabianのプロデュースを手がけるダン・ジ・オートメイターとともに作り上げた楽曲で、7月29日にSEKAI NO OWARIのニューシングルとしてリリースされる。そして映画後編の主題歌となる「SOS」はSigur Rosのプロデューサー、ケン・トーマスとともにロンドンで制作された楽曲。こちらのリリースに関しては今のところ未定となっている。

前編主題歌「ANTI-HERO」について、作詞を手がけたFukase(Vo)は「楽曲のテーマは“悪役のラブソング”です。大切な人を守るときに、躊躇いたくない、世間の目なんか気にしたくない。という気持ちから書き始めました」と解説。後編主題歌「SOS」の作詞を担当したSaori(Piano)は「戦いがテーマであるこの映画を観て、『誰かを守ることは自分を守ることと同じなんだ』という歌詞を書きました。映画の最後にこの曲を楽しんでいただけたら、嬉しいです」と語っている。また主人公のエレンを演じる三浦春馬は、SEKAI NO OWARIが歌う主題歌について「『進撃の巨人』の内なるテーマが歌詞と、リズム・メロディーで絶妙に表現されています。聴けば聴くほど、不思議な魅力に取り憑かれるような中毒性のある素敵な楽曲だと感じました」とコメントしている。

音楽ナタリーをフォロー