音楽ナタリー

新創刊ムックで甲本ヒロトが蓄音器、浅井健一&加藤ひさしがバイク語る

394

音楽と文化を掘り下げる新しいムック「SHAKE」の創刊号が本日5月15日に刊行された。

この本は書籍「ロックンロールが降ってきた日」を制作したチームが編集を担当。甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)が蓄音器とアナログレコードの現在について語り、浅井健一と加藤ひさし(THE COLLECTORS)がバイクへの愛を語り合うほか、尾崎世界観(クリープハイプ)が写真の魅力を伝えたり、和田唱(TRICERATOPS)が自ら選んだ“マイケル・ジャクソン本”のトップ3を紹介したりと、これまでの音楽専門誌とはひと味違ったアプローチの記事が多数掲載される。

「SHAKE」VOL.1 目次

■甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)が語る
蓄音器とアナログ・レコードの現在地
「エルヴィス・プレスリーがいたスタジオの空気が僕の部屋に再現されるんです。これはタイムマシーンと同じです」

■蓄音器専門店「シェルマン」八重樫素久インタビュー
「なぜ蓄音器は素晴らしい音を出すのか?」

■チバユウスケ(The Birthday)×カタヤナギ(RUDE GALLERY)
対談「ロックンロールで紡ぐ服」
15年来の信頼関係から生まれた両者のセッションにみる音楽と服

浅井健一(SHERBETS)×加藤ひさし(THE COLLECTORS
対談「ROCKERS meets MODS」
出会い、思い入れ、改造自慢―バイク愛たっぷりでおくる単車放談

■ホリエアツシ(ストレイテナー)×秋元信宏(CA4LA)
対談「音楽をつくる、帽子をつくる」
音楽とファッション―両方の視点から「ものづくり」を語る

■尾崎世界観(クリープハイプ)が語る写真の魅力&誌上写真展
「何も考えないで、いいとか悪いとか思えるものがあったのが嬉しかった」

■和田唱(TRICERATOPS)が選ぶ
マイケル・ジャクソン本TOP3
誤解され続けた“KING OF POP”を取り戻すための「教科書」

■所ジョージ
1枚700円のフルアルバム「JAM CRACKER」シリーズが示す
音楽シーンが忘れた遊び心とインディーズ精神についての考察

■有賀幹夫(ザ・ローリング・ストーンズ公認カメラマン)が選ぶ
マストバイなストーンズ映像作品TOP5

SA(TAISEI×NAOKIインタビュー)
「アラフィフの日比谷野音」
現メンバーになって13年。初の日比谷野音公演に挑む
 
■イノクチタカヒロ(hotspring)×但野正和(最終少女ひかさ)
とにかく今、知って聴いて観てほしい!
対談「北と南のロックンロール新世代」

■今年もFUJI ROCK FESTIVALに行きたい!

音楽ナタリーをフォロー