浅井健一

浅井健一

アサイケンイチ

SEXY STONES RECORDS

1964年生まれ。愛知県出身。1991年にBLANKEY JET CITYのボーカル&ギターとして、シングル「不良少年のうた」とアルバム「Red Guitar and the Truth」でメジャーデビューを飾る。数々の名作を残し、2000年7月に惜しまれつつ解散。その後、SHERBETSやJUDEなどさまざまな形でバンド活動を続け、2006年7月にソロ名義では初となるシングル「危険すぎる」、同年9月に初ソロアルバム「Johnny Hell」を発表した。2016年5月に新たなソロプロジェクト・浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLSを始動し、2017年3月にアルバム「METEO」を発表。2021年4月には約1年半ぶりのソロアルバム「Caramel Guerrilla」がリリースされた。同月末には浅井とUAが中心となって結成したバンド・AJICOを20年ぶりに再始動させる。

リンク

関連する画像