音楽ナタリー

作曲家デビュー15周年の大野愛果、11年ぶりセルフカバー集

93

作曲家でありシンガーの大野愛果が、セルフカバーアルバム「Silent Passage」を12月25日にリリースする。

1998年にWANDS「明日もし君が壊れても」で作家デビューを果たし、今年15周年を迎えた大野。本作は「Shadows of Dreams」「Secret Garden」に続くセルフカバー集第3弾で、前作より実に11年ぶりの発表となる。アルバムにはZARD倉木麻衣愛内里菜上木彩矢、三枝夕夏 IN dbらのカバーが全13曲収められ、各曲のアレンジは池田大介、徳永暁人(doa)、大賀好修(Sensation)、古井弘人(ex. GARNET CROW)、岡本仁志(ex. GARNET CROW)などの豪華な面々が手がけた。さらに今回大野は前2作で聴かせた英歌詞ではなくオリジナル詞で歌唱している。

現在ビーイングのYouTube公式チャンネルでは「Silent Passage」の全曲を試聴できるトレイラー映像を公開中。ボーカリストとしての彼女の魅力をじっくり味わってみよう。

大野愛果「Silent Passage」収録曲(カッコ内はオリジナルアーティスト)

01. Get U’re Dream(ZARD)
02. key to my heart(倉木麻衣)
03. 笑顔でいようよ(三枝夕夏 IN db)
04. Time after time ~花舞う街で~(倉木麻衣)
05. 静かなるメロディー(竹井詩織里)
06. かけがえのないもの(ZARD)
07. beginning dream(菅崎茜)
08. 君去りし誘惑(上木彩矢)
09. 1000万回のキス(倉木麻衣)
10. Forever You ~永遠に君と~(愛内里菜)
11. 君の涙にこんなに恋してる(なついろ
12. don’t stop music(the★tambourines)
13. 夏を待つセイル(帆)のように(ZARD)

■大野愛果「Silent Passage」全曲紹介

音楽ナタリーをフォロー